17年前気持ちを鷲づかみにされた画家の自画像
(週刊 小学館ウィークリーブックから)
IMG_7537
教室のスクリーンに映し出されたその姿から
目が離せなくなりまた。

ドイツ、ルネッサス時代の芸術家、
アルブレヒト•デューラーとの初めての出会いでした。

2007年、早稲田の成人講座、西洋美術史の授業を受講した時の事です。

その当時、真正面の肖像画が珍しく
真正面からこちらを見透かしているようなその姿に圧倒されたのです。

デューラー(1471〜1528)は
ドイツ、ルネッサンス期に活躍したドイツ美術史上最大の画家。
木版画、銅版画にも数多くの傑作があります。
モノグラム(アルファベットの組み合わせ)をサインとして用いた最初の画家。

このような芸術家をその時まで知らなかった事も驚きで、2年続けて受講した授業の中で
もっとも深く心に残った芸術家でした。

日本で人気の印象派やイタリアルネッサンス、オランダの芸術家ほど頻繁には展覧会も行われず、私がデューラーを認知してからは上野で開催された展覧会一回のみだったような…
(違っていたら、ごめんなさいです)

こちらが、2010年から2011年に上野の国立西洋美術館で行われたデューラー展覧会のチラシ。
勿論、見に行きました。
大事に大事にとっておいたチラシです。
IMG_7524
気持ちを鷲づかみにされて以来、
ずっと、ずっとデューラーへの熱い思いを持ち続けておりました。

そして、この夏
なんと、いつもの早稲田成人講座で
見つけました‼︎

“じっくりドイツ•ルネッサンス:デューラー編”

この講座を見つけた時は嬉しくて飛び上がってしまいました。
なんとデューラー編。

17年前に初めて出会った憧れの人に
再び会える‼︎

ずっと、ずっと待っておりました(笑)。

7月に入って始まった講座。
知ること、学ぶ事の醍醐味を改めて味わっております。

歌舞伎や文楽も楽しい!
でも、西洋美術史もまた楽しい!

こちらは、17年前に受講した美術史の授業で配られたプリント。
FullSizeRender
IMG_7533
勿論、永久保存版‼︎

お久しぶりが続いた7月も終盤に入りました。