1番長い付き合いの大事な友人が、入院して以来病室の窓から見える空の写真を送ってきてくれます。

それは、“空に魅せられて”と言う言葉で始まりました。
おはよう、おやすみの代わりに…


“空に魅せられて”通信は1月30日から始まりました。
まだ寒い時期の朝日が登る瞬間です。写真からも冷たい空気を感じます。
IMG_1739

この日はお日さまが顔を出した瞬間をしっかり捉えています。
IMG_1738

入院している病院は横浜のベイエリアにあり横浜の海とベイブリッジが良くみえます。


お日さまが雲間から覗く日もあれば…
IMG_1736


どんよりとした雲が空一面を覆う日もあります。朝日と雲の織りなす様子が印象派の絵画のように見えます。
IMG_1734

お日さまが雲に負けじと顔を覗かせる日もあります。
IMG_1709

 
この日はオレンジ色の朝焼けが見事でした。
IMG_1717


今日はやっと晴れた、やはり天気だと嬉しいねとコメントがあった日です。
IMG_1718


登っていく様子を連続して送ってくれた日もあります。
IMG_1726
IMG_1728


雨が降り出すのかと思いきやオレンジ色の空模様にちょっとホッとした日もありました。

IMG_1732


ある時は綺麗な青空と飛行機雲を送ってくれました。
IMG_1741

遥か遠くのベイブリッジと月のコラボに思わず見入ってしまった日もあります。
IMG_1740


これは今日の朝日です。
IMG_1742
IMG_1743
IMG_1744

様々な空模様が絵のようで、さながら病室の窓は額縁のようです。

当たり前の事ですが毎日登る太陽がこんなにも変化に富んでいる事…
そして毎朝、無事に新しい日を迎えられる事がどんなに幸せな事か…
改めて友人に気付かせてもらった気がします。

10代の頃からずっと病気と向き合ってきた友人です。
今はお見舞いに行く事も叶いませんが、友人が送ってくれる朝日の写真に私の方が今日も頑張れと背中を押される気がします。

私も毎朝、朝日を見るのが習慣になりました。
今、同じ朝日を友人も見ているだろうかと…

友人が元気になったら仲の良い友人達と一緒に温泉に行こうと約束しています。
その時は登る朝日を一緒に見ようと思います。

どうぞ、その日が早く来てくれますように‼︎