フラの練習日のことです。
仲良しのフラ仲間が、私の顔をみるなり
飛んできました!
「ねぇ、ねぇ、聞いて、聞いて!!」と…

電車の中で席を譲られ、相当のショックを受けたと
話してくれました。

IMG_6647
(こちらのお写真はその場面のものではありません)

実は席を譲られたフラ仲間と私は同じ歳。
お誕生日は1日しか違わないのです。
もし、その場に私がいたら席を譲られたのは
私だったかもしれません!!

友人は、レッスンに来る途中で、今日の自分の
格好がいけなかったのか、ヘアースタイルが
いけなかったのかとショーウィンドウに
写った自分の姿を何回もチェックしたとの事。

実は、私も電車の中で席を譲られるその日が来るのを
密かに恐れております(笑)。

譲られるのが有り難く思えるくらい身体が
弱っていれば納得できますが…

そうでなければ、相当のショックを受けるのは
間違いありません。

嗚呼、人ごとではありません!

ゆうゆう世代にはありがちな事。


そして後日、同じ友人が、
今度は席を譲るか譲らないかで相当迷ったと話して
くれました。


そしてこちらがあるかどうか必死に探したとの事。
それがこれです。
IMG_7092
妊婦さんである事のあかしです。
前に立った方はこちらを付けていなかったので
席を譲るのを辞めたと話してくれました。

自分が席を譲られて傷ついたからです。

実は妊娠していないのに、3回も席を
譲られ複雑な気持ちになった知人がいるので
友人の判断は間違っていないと思っております。

電車の中で席をゆずるか、また必要としている方には
手を差し伸べるか…
判断の基準になるのはこちらです。

IMG_6653


そんな事があったので、今まで気づかなかった
駅構内のこちらのポスターにも、目がとまりました!

IMG_6656
IMG_6650
IMG_6654

助けを必要としている方達が沢山いる事を
友人のおかげで改めて気が付いたのでした。

でも友人も私もまだまだ大丈夫です(笑)
席を譲ってくださるのはもう少し先で…
宜しくお願い致します!