本日初日です。

御察しの通り歌舞伎座です。
8月1日歌舞伎座が5か月振りに再開しました。

IMG_5555

再開が決定されたのは緊急事態制限が
解除された後です。

でもご存知のように新宿の小劇場でのクラスターの
発生、このところの感染者増加などがあり
正直どうしようか迷いました。

実は先日、歌舞伎の講義で教えて頂いている
常磐津の鈴木先生(ゆうゆうの紙面にも出て頂いた)
からメールを頂きました。
舞台にのらずこんなに長い間歌わなかったのは
はじめてで調子が狂ってしまった事、
親しい松本幸四郎さんがこの状況であらゆる媒体を
使い奮闘しているので応援して欲しいと…
先生のメールが私の肩を押してくれました。

そうです…
歌舞伎座の事ゆえ、感染拡大防止対策に
ぬかりはないはずです。

そして何より大好きな歌舞伎が見たい。
よーし…
いざ歌舞伎座です。

銀座から歩いて歌舞伎座に向かいました。
うわぁ見えてきました。
歌舞伎座。
お久しぶり…と思わず声が出てしまいました。

IMG_5522


8月公演は
IMG_5536

IMG_5508

初の四部制で、演目は
連獅子
棒しばり
吉野山
与話情浮名横櫛(よわなさけうきなのよこぐし)

四部制はリスクを少しでも軽減する為です。

吉野山と与話情浮名横櫛を見ます。

IMG_5498

さあ、劇場入場です。
通い慣れているのに(笑)、ワクワクドキドキです。

IMG_5518


この状況で歌舞伎座もはじめて尽くし。
入り口で検温とアルコール消毒は勿論のこと
各自で切符を切ります。

IMG_5501

筋書き販売はないので、入り口においてある
簡単な筋書きはご自由にどうぞ。

IMG_5502

IMG_5559


幕間いわゆる休憩時間無しで、劇場の
お店は全て閉まっています。

IMG_5503

勿論劇場内で食事を取ることもできません。
一幕立見席も無しです。
ついでながらイヤホンガイドの貸し出しも
ありません。

三階席で見るとわかりやすいです。
席は全て一つおきです。
採算は度外視。
まずは劇場を開ける事!

IMG_5509

芝居が始まる前に演目の主役を務める役者さんの
挨拶があり幕が開きます。
これもはじめて。

拍子木が鳴り、幕が開きます。
お客様から割れるような拍手。
私自身も久しぶりの歌舞伎に
とても興奮して、必死に拍手をしていました。

あっ、舞台上では役者さん以外の全ての人が
黒いマスク…
でもすぐに慣れてしまうから不思議です。

いよいよ役者さんが舞台に。
大きな拍手が…

感染予防の為大向こうもかけれませんが…
お客様ひとりひとりが役者さんの屋号を
叫んでいたと思います。

一回、一幕で1時間あまり。
あっという間ですが、この状況で
生の舞台を見る事ができた事に本当に感謝です。

さて舞台終了後、密を避ける為に
列ごとに退場です。


お客さんが居なくなるとすぐに
消毒専門業者の方が客席に入って行くのが
見えました。
うーむ、やはり歌舞伎座!!

どうぞ1人の感染者もなく
千秋楽まで舞台がつづけられますように!

IMG_5514

この状況が収束するまでは、演劇を主催する側
そして見に行く私達も常に判断を迫られます。
勿論それは演劇に限った事ではありませんが…

でも大好きなものや大事なものは
ずっとずっと残り続けて欲しいと改めて
思います。