今日、6月30日は一年の前半が終わる日。
大晦日ほどの派手さは無いのですが、
昔から行われていたのが夏越の祓。


IMG_5094

京都では有名な和菓子の一つ、水無月。
半年の身の汚れを払い、夏バテをせずに
元気でいられるようにと願をかけ6月30日に
食べます。
昔宮中の方々は氷を食べて夏を乗り切ったのですが
庶民にとって氷は高価なもの。
ういろうの上に小豆をのせ、三角に切り分け
氷に見立てて頂いたのが始まりだそうです。

恥ずかしながらこの風習を初めて知りました。
今年は願掛けに頼りたくなる状況下。
主人と私も元気で夏を乗り切れるように念じて
しっかり頂きました。


IMG_5092

こちらは、この水無月を買った、丸の内の
ひがしやさんの入り口です。
茅(ち)の輪を模した入り口です。
しっかりくぐらせていただきました。

“水無月の夏越の祓する人は千歳の命延ぶというなり”と唱えて茅の輪を八の字を描くように3回くぐると、
病気や災を逃れる事が出来るというのが
茅の輪くぐり。

昔は暑い夏を乗り越えるのは
本当に大変な事、こういう行事を通して
乗り切ってきたのですね。
ああ、今年の夏は私達にとっても
大変な夏となります。

明日から7月、暑い夏が始まります。
願掛けで、大変な夏を乗り切るスイッチを
入れました。