今年個人的にとても楽しみにしていたもの。

1.オリンピック(日本中が熱狂の渦の中にあったはず)
2.市川団十郎襲名公演(今年注目イベントだった事は
間違いなし)
3.ベートーベン生誕250年を記念して行われるはずだったコンサート

そして
4.ロンドン•ナショナル•ギャラリー展
(全て日本初公開。素晴らしい作品が結集)


オリンピック、襲名披露公演の中止は致し方
ありませんが…
素晴らしい作品はきっと見れるはず。
既に作品が日本に到着し開催できる状況であったから
です。
なので、美術館が再開するのをじっと
待っておりました(笑)


そして、今日、ロンドン・ナショナル・ギャラリー展
行って参りました。

IMG_5061
久しぶりの美術館。
しかも素晴らしい作品に出会える。
昨年から楽しみにしていたので、ワクワクです。



勿論ソーシャルディスタンスは厳守。
人数を制限しつつ入場。
チケットは前売りや招待券を持っている方も
別に時間指定のチケットを購入するか整理券が
必要です。
新たにチケットを購入する場合は、感染予防の為
予め時間指定のチケットを購入する必要があり
美術館では買えません。

IMG_5021


こちらは美術展のチラシですが、素晴らしい作品の
数々に圧倒されます。

IMG_5068
IMG_5069
IMG_5070
IMG_5071
IMG_5072

日本でも人気の印象派の作品はもとより
クリヴェッリ、ベラスケス、レンブラント、
エル・グレコ、ターナー、そしてフェルメール
などなど、まだ沢山の画家達の作品があります。

最後の部屋に展示されていたゴッホの
サイン入りひまわりは圧巻です。
つい最近作品が完成したようなエネルギーを
感じます。ゴッホがなぜこんなにも私達を
惹きつけるのかこの作品を見ると納得します。

久しぶりに見た作品が見応えのあるものばかりで
嬉しくなってしまいました。


同時開催されていたこちらも、見応えのあるもの。
「内藤コレクションII、中世からの写本」
内藤裕史さんの写本リーフのコレクションです。
こちらもチラシです。

IMG_5054

IMG_5045

肉眼で見てもわからないのですが、
持参した秘密兵器で作品を見ると…

IMG_5044

精緻で細かい印刷技術が目の前にひろがり
凄いを連発しておりました(笑)
秘密兵器があるのとないのとでは、作品に対する
見方がまるで変わります。

もう一つのおまけは、常設展の素晴らしさを
再認識したこと。
ロンドン・ナショナル・ギャラリー展で
観賞してきた印象派の画家達にここでも沢山出会える
のです。
何という贅沢…

そしてもう一つの贅沢。
IMG_5032
西洋美術館のレストラン、睡蓮です。
ここもソーシャルディスタンス、隣りのテーブルは
一つ空けて座ります。
そのテーブルから美しい新緑を眺められます。
食事を頂きながら景色も楽しめる…

IMG_5038


久しぶりの美術館、長く待った甲斐のある
贅沢な時間を過ごす事ができました。

毎日の生活はまだまだ我慢すること、
気をつけなければならない事が多々ありますが…
こういう過ごし方がどんなに幸せで貴重な事か
改めて思いました。
感謝ですね。