今年お初の展覧会のご紹介は…

東京都現代美術館で開催されている
ミナペルホネンのデザイナー
皆川明さんの展覧会です。
美しいオリジナル生地に圧倒されました。

珍しく展覧会終了間際ではありません(笑)

ブランド名のミナペルホネンの意味を
ご存知でしょうか?
フィンランドの言葉から付けられたそうです。
ミナは私、ペルホネンは蝶々の意味。


ブランドのキーワード“つづく”というテーマで
作品が展示されています。




IMG_2175

展覧会場に入るとまず沢山のクッションの
お出迎えです。
写真がオッケーというエリア。


クッション一つ一つをじっくり見ると

IMG_2177




IMG_2178

そのクオリティーの高さに驚かされます。




圧巻はこちら。
洋服の森!

ブランド設立から今年の春夏コレクションまで
25年分、400着以上の服がずらっと並んでおります。
ありがたい事にこちらも撮影オッケーです。

IMG_2186



服という芸術品…
絵画を見ているようでした。
どれもあまりに素敵で数を絞れません…
数が多くてごめんなさい。

美しい洋服の数々のご紹介です。



IMG_2208



IMG_2190



IMG_2192



IMG_2220



IMG_2223



IMG_2189



IMG_2193



IMG_2242



IMG_2183



IMG_2198


生地だけ拡大してから洋服です。


IMG_2222


IMG_2209




IMG_2214


IMG_2213




IMG_2197



IMG_2196

素晴らしいタペストリーの様です。


私が着てみたいと思ったのは…
ちょっとシンプルです。
以下の洋服。

IMG_2194




IMG_2199



こちらのスカートもそそられました。


IMG_2206

会場には洋服に使われる沢山の物も
展示されていました。


ボタン

IMG_2265



ブローチ

IMG_2258


ジーパンのパッチワークに使われる生地

IMG_2249


袋もの

IMG_2255


洋裁がお好きな方にはたまらないと思います。
こちらまで展示されておりました。

IMG_2239


皆川さんが将来の夢として提案している
簡素で心地の良い宿、実物大のシェルハウスも
展示されていました。



IMG_2253

自然界にちなんだ
種、芽、風、根、森、土、空、実という8つの部屋で皆川さんの世界を紹介しています。

個人が所有している服とその所有者が語る
エピソードが紹介されている土の部屋も
面白かったです!


ミナペルホネンの作品を作り出す職人さんの技術の
高さと、丁寧なものづくりの姿勢、
そして一着の服を長く大切に着ることの大切さを
改めて再認識する見応えのある展覧会でした。