またまた大好きな歌舞伎のおはなしです。
12月は、歌舞伎座、新橋演舞場、国立劇場と
新作の作品が目白押しでした。

歌舞伎座や新橋演舞場に比べ
国立劇場で公演される歌舞伎は注目度が低いようで
ちょっと残念に思っているのですが…
実はなかなか良い作品が上演されます。


まずは国立劇場から

IMG_1512

今回の一押しは新作の蝙蝠(こうもり)の安さん。
なんとチャップリンの「街の灯」が題材。
演舞場のナウシカ、歌舞伎座の白雪姫に
埋もれるわけにはいかないと気合の十分の
幸四郎さんの演技でした。
チャップリンの生誕130年の今年、88年振りに再演。

顔に蝙蝠の入れ墨を入れた安さんが
チャップリンの演じた放浪者に
重ね合わせられています。

実はお芝居を拝見した日、ラッキーな事に
幸四郎さんから直接お話しを聞く機会がありました。
チャップリンのお芝居を歌舞伎として成立させる事の
難しさ…
でも難なくやってしまう幸四郎さんの才能に
ただただ脱帽でした!


そして歌舞伎座です。

IMG_1365

新作、グリム童話の白雪姫。 
玉三郎さん主演。
小人に扮した子役の皆様が本当に可愛いらしかった!
玉三郎様はあと3っつくらいは新作を考えていますと
おっしゃっております。
今後何が出てくるかはお楽しみです。

個人的には昼の部の中車さん主演のたぬきが
凄く良かったです。
さすが中車さんです!


そして尾上菊之助さん主演の演舞場のナウシカ。
こちらは若手の役者さんが頑張っておりました。

IMG_1669

見づらくて申し訳ないのですが
新橋演舞場のナウシカのために作られた
どんちょうです。
一つ一つの絵にナウシカの物語が描かれております。
昼、夜を両方を見てはじめて物語が完結します。
長丁場でちょっと大変ですが、もちろん
両方拝見致しました(笑)。
もしどちらか一つと言われたら
昼の部をお勧めします。
昼の部は宙乗り、水を使う演出、そして劇団四季の
リトルマーメイドのような舞台構成。
夜は哲学的な感じでちょっと難しいかもです。


今月の歌舞伎は一味違うそんなお芝居でした!

来年も歌舞伎のお話し、お付き合いくださいませ。