正直に言うと宝石、貴金属には
あまり執着はないのですが…(笑)

六本木の新国立美術館で12月16日まで
開催されていた「カルティエ、時の結晶展」は
展示の仕方にとても興味があったので
見に行きました。

IMG_1428


今回のカルティエ展が今までのカルティエの
展覧会と違うのは過去30年前後の新しい作品に
焦点を当てている点です。

宝飾品を展示している空間そのものも
美術作品として展示していると知り
興味を持ちました。

光を織りなす生地が随所に使われ、
檜で作られた棺の様な箱や
日本の大仏師が彫刻したトルソに
宝石が飾られ、
採掘された大谷石も効果的に配置されていました。

日本の伝統美とカルティエの宝飾品の絶妙なコラボ…
神秘的な感じさえしました。
確かに今までにない宝飾の展覧会。
新しい試みです。


最近の展覧会のお決まりになっております
作品の写真撮影、今回のカルティエ展でもオッケー!


本当にボリュームのある作品ばかりが
並んでおりました。


IMG_1438


蘭のブローチ  

IMG_1435


蛇とパンテールはカルティエのシンボル的な
モチーフ。
沢山並んでいました。

IMG_1440


IMG_1464


このネックレスが飾られている木の台が
トルソです。


IMG_1470



ワニもモチーフとして幾つか並んでおりました。

IMG_1488



エジプトのスカラベ

IMG_1480


こちらは鮮やかな色彩が目をひきました。

IMG_1491


カルティエ所属のものも多かったのですが
個人蔵の作品が沢山ありました。
それにしても一体どんな方が
所蔵していらっしゃるのでしょうか?

眺めるばかりでなく身につける事もあるはず…

財力だけでなく、宝石に負けないくらいの
美しさと凛とした強さが揃ってはじめて
身につけられるのだなぁ…と
そんな事を思いつつ
宝飾品のブースを眺めておりました。