10月27日から始まった秋の読書週間にちなみ
今回は本のお話しです。

沢山の本を読みたくて昔から図書館も
おおいに利用しております。



IMG_0951


これは、2008年から始めた読書記録のノートです。
幼い時から本を読む事が大好きでしたが…
夏休みの読書感想の宿題以外で本の感想を
綴る事は皆無でした(笑)

でもある時、読んだ本の記録をしようと思い付き
気軽な気持ちではじめたのがこのノート。

そして気がついたら今年で11年目になりました。

読み返すとその時の自分のこと、時代のことを振り返る事が出来、面白い記録になりました。

そしてノートに記録した最新の読書感想の
本がこれです。


IMG_0931


月村了衛さんの「騙す衆生」
読み初めてすぐ、不穏な雰囲気で
これは最後まで読み進められないと思ったのですが…
豊田商事の事件を下敷きに、平成の大事件も
取り込み、主人公が時の権力者を騙しつつ
登りつめてゆくさまに魅せられ、
一気に読破してしまいました!


そしてもう一冊は全く趣きの違う本。

IMG_0960


「ミャオ族の刺繍とデザイン」
こちらの本は図書館で手に取りあまりの
美しさに思わず借りてしまいました。

中国のミャオ族の素晴らしい手仕事の数々。

IMG_9517



IMG_9521



IMG_9527



IMG_9528

ページをめくりながら
刺繍、染め、デザイン、その圧倒的な
素晴らしさにため息が出てしまいました。

残念なことにこれらの手仕事を
継承する人達が少なくなっているとの事。

伝統工芸の存続が難しくなっているのは
いずれの国も同じ。
素晴らしい手仕事の数々が末長く受け継がれて
いきますように…