2022年08月


鹿児島から始まった4泊5日の旅は、
毎日移動のちょっと忙しい旅でしたが…
久々の遠出なので、欲張ってしまいました(笑)。

列車には本当によく乗りました。
鹿児島中央駅から指宿(いぶすき)までは日に2回運行している「たまて箱」という特別列車に乗車
IMG_8148
IMG_8147
中はこのようになっております。
IMG_8131
IMG_8136
IMG_8133
美しい海の景色を楽しめるように、座席の向きが
普通の列車とは違います。
IMG_8141
残念ながら、海向きの席は完売でしたが、
レトロ感のある車内を満喫。
IMG_8138

2日目は指宿泊。
IMG_8154

指宿に降りて列車名がたまて箱なのを納得!
指宿は竜宮伝説の街でした。
IMG_8153

うーむ、駅前のポストまで、
列車と同じ白、黒仕様!
IMG_8155

指宿では有名な砂風呂にトライ。
実は、暑いのが凄く苦手。
砂をかけてくれたお兄さんが、10分から15分を
目安にと言ってくれたのですが…
10分が限度でした(笑)。

指宿は、1月に行われるマラソン大会の時が1番賑わうそうです。

因みに旅行3日目の日、指宿から鹿児島中央駅まで乗った列車はこちら
IMG_8193
IMG_8194
指宿は菜の花が美しい場所と聞き
黄色の列車、NANOHANAにも
納得したのでした!

他にも九州で、素敵な列車に沢山乗りました。
こちらは、福岡から筑前前原まで乗りました。
IMG_8289

福岡から大分まで乗ったSONIC
IMG_8300
IMG_8299

別府から由布院までは単線をひた走りました。
IMG_8302
IMG_8307

由布院駅にとまっていた”ゆふいんの森”。今回は乗る事はできませんでしたが、
列車を見た途端、歓声をあげてしまいました。
次回は是非乗りたい‼︎IMG_8399
汽車や列車も旅の気分を盛り上げてくれる大きな存在だと改めて思ったのでした。




九州2日目は桜島から始まりました。
鹿児島はとにかく桜島です。
フェリーに乗り込み
IMG_8109

およそ15分で桜島に到着
IMG_8073

まず、タクシーの運転手さんに勧められた桜島ビジターセンターに向かいました。
桜島をゆっくり回る時間がない時はおすすめ。
桜島に関する事がざっくりとわかります。
IMG_8085

つい最近も、爆発した桜島。
大正3年の爆発は大変な規模のものだったとのこと。
主人の先輩の奥様も灰には慣れっこになっているけれど、車のワイパーにたまる灰には参ってしまうと…
IMG_8087
鹿児島の代名詞桜島と付き合うのは、大変なことです!

桜島の溶岩はなんと一つ300円。
ビジターセンターで購入できます…(笑)
FullSizeRender

この日はゆっくり、桜島を巡る事は出来なかったのですが…

ビジターセンター付近を散策
IMG_8094
IMG_8099

鹿児島の市内には至るところに
足湯があります。勿論、ここ桜島にも…
IMG_8197

はるかに鹿児島市内も眺める事ができます。例の観覧車もはっきり見る事ができます。桜島と市内はこんなにも近いのですね!
IMG_8096


帰りのフェリーを待つ間
桜島らしいものを見つけました。
IMG_8103
IMG_8105

アッシュラテ、灰のラテ⁉︎
勿論、これは頂かないわけにはいきません(笑)
IMG_8106
火山灰に見立てたラテ。

本物の灰は入っていないので、
ご心配なくです。
そのかわりに竹すみが入っているとのこと。

ちょっと苦味があって、大人のお味‼︎

この日の桜島も猛暑。
九州の旅は始まったばかり…
アッシュラテに元気を貰い旅を続行です。


ただ今こちらにおります!
IMG_8108
実は桜島です。

昨日、悪天候で到着が1時間半以上
遅れたものの無事、鹿児島に到着!

主人が親しくさせて頂いている鹿児島在住の
先輩に会おうと鹿児島旅行を計画したのが昨年。
でも、残念ながら感染者数が増加で計画を断念。

そして、今年の夏。
昨年のリベンジを果たすべく夫婦で鹿児島を訪れたのでした。

今回の旅行の1番の目的は
コロナ禍で、ずっと会う事がかなわなかった
主人の先輩に3年ぶりにお会いする事。

何があっても、会いたいと思う人がどんなに大事な存在か…
改めて気付かされる今です。

鹿児島の飛行場(飛行機に乗るのも、本州から離れるのも3年ぶり)です。
IMG_7909
飛行場からリムジンバスにゆられ鹿児島の中心駅、鹿児島中央駅に到着。

中央駅の駅ビルの頭上に聳え立つ
観覧車が目に飛び込んできた時には
かなり驚きました。
IMG_7920

次に目についたのが、色とりどりの路面電車
IMG_7923
IMG_8116
(タクシーから撮ったのでお見苦しくてすいません)

路面電車の駅
鮮やかな緑の芝生が綺麗。
桜島の噴火で生じた水はけの良い石をひきつめ
その上に芝を植えたとのことです。IMG_7924

見るものが全てが珍しくキョロキョロしている私達を先輩ご夫婦が迎えに来てくださいました。
まず、最初に連れて行って下さったのがこちら。
IMG_7936
仙巌園、薩摩藩主別邸。

NHKの大河ドラマ”せごどん”を見て以来
ずっと行きたいと思っていた仙巌園。

まずこちらに連れて行って下さった事に大感激‼︎

仙巌園を見て感じたのは、
薩摩藩の
1、財力
2、世の中の先をみる先見の明
3、新しいものを積極的に取り入れるエネルギー

こちら仙巌園でございます。
IMG_7956
IMG_7954
IMG_7961
IMG_7959
IMG_7964
IMG_7965
IMG_7977
IMG_8002
IMG_8003


こちらは別邸屋敷内部です。
IMG_7998
IMG_7996
IMG_7999
IMG_7989
IMG_7985
IMG_7975

仙巌園からはるか先に見える山の中腹にこちらを見つけた時にはただただ驚きました。

IMG_8016

撮った写真を拡大してみるとこのような文字が書かれています
IMG_8015
1814年に、3900人の人の手で3か月がかりて
岩に彫られ文字。
三文字で11メートル。
足場を組み、こんな難所の岩に文字を掘るとは…‼︎

仙巌園の薩摩藩別邸、見応えがあります。
鹿児島に行くチャンスがあったら、是非
お立ち寄り下さい。

薩摩藩、鹿児島の街中には
維新に活躍した大久保さまも
しっかりいらっしゃいました。
IMG_8056

勿論、西郷様も
IMG_8023

鹿児島の美味しい
豚しゃぶ、牛しゃぶも先輩ご夫婦にしっかりご馳走になりました。
IMG_8036
IMG_8037
IMG_8040
初めて訪れた鹿児島の夜は
美味しいものと楽しい語らいで
幸せいっぱいになりました。

夫婦して久しぶりの遠出にかなりテンションが上がっております。
九州の旅は始まったばかり。
これから、しばしお付き合いください。



丸の内で開催されているシャネル展を
見に行ってきました。

開催される前から、ポスターを見て
是非是非行きたいと思っていました。

今回もゆうゆうモデルの髙橋さんと
一緒に出かけました。

この日もうだるような暑さ。
待ち合わせ場所、美術館前に
ミストが噴き出す場所があり、
引き寄せられ様にそちらに立って(笑)
髙橋さんを待ちました。

いつもはこのような感じなのですが
IMG_7831

この日のように暑い日は
ミストが出てきてくれます。
IMG_7846
こちらから噴き出されるミストのおかげで
汗もひいていきます。

美術館前です。
IMG_7844
最近は写真撮影オッケーの展覧会も
多いのですがこちらは一切写真撮影禁止。

素敵なドレスや宝飾品を
写真で、ご紹介出来ないのがとても残念です。

髙橋さんと2人して驚いたのは
シャネルがデザインした洋服の普遍性。

今でも着てみたいと思う服ばかり。

当たり前の事ですが、縫製、カッティング、
素材はピカイチ。
しかも保存状態も良いものばかり。
身に着けたらどんな感じのだろうと
想像が膨らみました。

でもどれもスリム。
入らないのは確かでしょう…(笑)

シャネルの得意とするブラック、
そのブラックのドレスと
なんとも絶妙な色合いのコートが
個人的には、1番気になりました


シャネル展が開催されている夏の丸の内仲通りは毎年こんな風にとても楽しいのです。
時間限定でストリートパークに大変身。
IMG_7847
お昼のストリートパーク。
キッチンカーでランチを買って
椅子に座っていただく事ができます。
IMG_7646
IMG_7833
家族連れも楽しむことができます。
夏休みにはピッタリ。
IMG_7832
IMG_7806

IMG_7652

シャネルの展覧会のポスターも
夏の仲通りを盛り上げておりました。
IMG_7184


昼に比べて、過ごしやすくなる夜も
仲通りを楽しむことができます。
IMG_7690
IMG_7702
IMG_7697

設置してあるピアノを自由に弾く方も…
IMG_7693
シャネル展と夏の丸の内仲通り。
髙橋さんとの楽しいおしゃべり。
沢山の事を楽しむことができた
盛りだくさんの夏の日でした‼︎






















先週、近所の行きつけのパン屋さんの店先で
こちらを見つけ、かなりショックを受けました!
IMG_7801
コロナ禍になり、馴染みのお店、大好きなお店が次々と姿を消して寂しく思っていたのですが…
こちらのお店がなくなってしまうのは
かなりの衝撃でした!

買物に行く
図書館に行く
銀行に行く
近所を散歩する

そのたびに
サンドイッチ、菓子パン、
コロッケパン、カレーパンを買うのが楽しみにでした(笑)。

このささやかな楽しみがなくなってしまうとは…

でもです!
コロナ禍になってからお別れしたものも沢山ありますが、お別れした分新しい出会いも同じくらいありました。

パン屋さんに代わる何か
新しいものがきっとありますね。

勿論、別のささやかな楽しみも…(笑)

↑このページのトップヘ