2020年06月


今日、6月30日は一年の前半が終わる日。
大晦日ほどの派手さは無いのですが、
昔から行われていたのが夏越の祓。


IMG_5094

京都では有名な和菓子の一つ、水無月。
半年の身の汚れを払い、夏バテをせずに
元気でいられるようにと願をかけ6月30日に
食べます。
昔宮中の方々は氷を食べて夏を乗り切ったのですが
庶民にとって氷は高価なもの。
ういろうの上に小豆をのせ、三角に切り分け
氷に見立てて頂いたのが始まりだそうです。

恥ずかしながらこの風習を初めて知りました。
今年は願掛けに頼りたくなる状況下。
主人と私も元気で夏を乗り切れるように念じて
しっかり頂きました。


IMG_5092

こちらは、この水無月を買った、丸の内の
ひがしやさんの入り口です。
茅(ち)の輪を模した入り口です。
しっかりくぐらせていただきました。

“水無月の夏越の祓する人は千歳の命延ぶというなり”と唱えて茅の輪を八の字を描くように3回くぐると、
病気や災を逃れる事が出来るというのが
茅の輪くぐり。

昔は暑い夏を乗り越えるのは
本当に大変な事、こういう行事を通して
乗り切ってきたのですね。
ああ、今年の夏は私達にとっても
大変な夏となります。

明日から7月、暑い夏が始まります。
願掛けで、大変な夏を乗り切るスイッチを
入れました。





出かけるというとどうしても1人で屋外散策が
多くなってしまいます…

今回は皇居東御苑の菖蒲を観に行ってきました。
皇居東御苑は初めての訪問。

IMG_4818
IMG_4840

菖蒲田は二の丸庭園の一角にあります。
昨年訪れた明治神宮の菖蒲田から株分けされた
84種類が植えられています。
今年も菖蒲を見る事が出来て良かった!!

IMG_4833
IMG_4836
IMG_4838

IMG_4842
IMG_4844

沢山の菖蒲に加え歴史的建造物も多くて
見所が沢山!

諏訪の茶屋
IMG_4877

百人番所
IMG_4791

同心番所
IMG_4782

見事な石垣
IMG_4798
まだまだ沢山あります。

見事といえば、こちらを泳いでいたのが

IMG_4868

こちらの鯉
IMG_4866
IMG_4862
まるで錦絵のよう。
このような見事な鯉を見たのは初めてです。

皇居東御苑には貴重な美術品を見る事ができる
三の丸尚蔵館まであります。
美しい庭や池、四季折々楽しめる花、木々があり
しかも入場料は必要なしです。

新宿御苑もそうですが、都内には素晴らしい
公園や庭が沢山あります!



今年個人的にとても楽しみにしていたもの。

1.オリンピック(日本中が熱狂の渦の中にあったはず)
2.市川団十郎襲名公演(今年注目イベントだった事は
間違いなし)
3.ベートーベン生誕250年を記念して行われるはずだったコンサート

そして
4.ロンドン•ナショナル•ギャラリー展
(全て日本初公開。素晴らしい作品が結集)


オリンピック、襲名披露公演の中止は致し方
ありませんが…
素晴らしい作品はきっと見れるはず。
既に作品が日本に到着し開催できる状況であったから
です。
なので、美術館が再開するのをじっと
待っておりました(笑)


そして、今日、ロンドン・ナショナル・ギャラリー展
行って参りました。

IMG_5061
久しぶりの美術館。
しかも素晴らしい作品に出会える。
昨年から楽しみにしていたので、ワクワクです。



勿論ソーシャルディスタンスは厳守。
人数を制限しつつ入場。
チケットは前売りや招待券を持っている方も
別に時間指定のチケットを購入するか整理券が
必要です。
新たにチケットを購入する場合は、感染予防の為
予め時間指定のチケットを購入する必要があり
美術館では買えません。

IMG_5021


こちらは美術展のチラシですが、素晴らしい作品の
数々に圧倒されます。

IMG_5068
IMG_5069
IMG_5070
IMG_5071
IMG_5072

日本でも人気の印象派の作品はもとより
クリヴェッリ、ベラスケス、レンブラント、
エル・グレコ、ターナー、そしてフェルメール
などなど、まだ沢山の画家達の作品があります。

最後の部屋に展示されていたゴッホの
サイン入りひまわりは圧巻です。
つい最近作品が完成したようなエネルギーを
感じます。ゴッホがなぜこんなにも私達を
惹きつけるのかこの作品を見ると納得します。

久しぶりに見た作品が見応えのあるものばかりで
嬉しくなってしまいました。


同時開催されていたこちらも、見応えのあるもの。
「内藤コレクションII、中世からの写本」
内藤裕史さんの写本リーフのコレクションです。
こちらもチラシです。

IMG_5054

IMG_5045

肉眼で見てもわからないのですが、
持参した秘密兵器で作品を見ると…

IMG_5044

精緻で細かい印刷技術が目の前にひろがり
凄いを連発しておりました(笑)
秘密兵器があるのとないのとでは、作品に対する
見方がまるで変わります。

もう一つのおまけは、常設展の素晴らしさを
再認識したこと。
ロンドン・ナショナル・ギャラリー展で
観賞してきた印象派の画家達にここでも沢山出会える
のです。
何という贅沢…

そしてもう一つの贅沢。
IMG_5032
西洋美術館のレストラン、睡蓮です。
ここもソーシャルディスタンス、隣りのテーブルは
一つ空けて座ります。
そのテーブルから美しい新緑を眺められます。
食事を頂きながら景色も楽しめる…

IMG_5038


久しぶりの美術館、長く待った甲斐のある
贅沢な時間を過ごす事ができました。

毎日の生活はまだまだ我慢すること、
気をつけなければならない事が多々ありますが…
こういう過ごし方がどんなに幸せで貴重な事か
改めて思いました。
感謝ですね。




ずっとずっとやらなければと思っていたのが
アクセサリーのお手入れです。
1番後回しになっていたのですが…
やっと直手しました(笑)

必要なものは随分前から用意していました。
全部、ピアスのキャッチです。

IMG_4942


ピアスのキャッチ、洋服を試着をした時や
ジムで慌ててピアスをつけた時など
無くしてしまうことが多々あります。

もともとキャッチがついていないものも
あったりして…



このピアスは芸大の文化祭で学生さんから
買ったピアスです。
やはりもともとキャッチなしでした。

IMG_4955



キャッチをつけたいと思ったピアスに
キャッチ付け完了!

IMG_4988



このピアス、実はイヤリングを自分でピアスに
作り変えました。
亡くなった母が陶芸作家さんに作ってもらったお気に入りのイヤリング。
欠けてしまった箇所もあるのですが、今も現役。
今は私のお気に入りになっております。

IMG_4968


こちらも買ってあったネックレスのマグネットの
留め具。

IMG_4987


老眼も進みネックレスを留めるのがちょっと面倒。
マグネットの留め具が便利かもと思い
付けてみました。

IMG_4977


これなら、装置簡単です。

IMG_4978


最近は華奢なアクセサリーも付けることが
少なくなりましたが重ね付けならいけるかも…


そしてこちらのピアスは片方だけ
飾りを無くしてしまったのですが…

IMG_4956

今、全然使用していないこちらのピアスを
使えないかと思い…

IMG_4985


こちらのヘッドを付けてしまいました。
新しいピアスの誕生!

IMG_4986


そして、最後はこのシルバーポリッシュの
出番。

IMG_4972


新婚旅行で訪れたバリ島で35年前に購入した
銀のブレスレット。
変色してしまっています。

IMG_4938


大好きないとこが高校時代にプレゼントしてくれた
銀のブレスレットも黒く変色。

IMG_4989


磨いたらこの通りです。

IMG_4970

ブレスレットもですが、他の銀のアクセサリーも磨いたらこの通り綺麗になりました。

この銀のピアスとネックレスは
バリ島とベトナムのもの。
アジアのアクセサリーにいつもそそられます。

IMG_4983


こちらもシルバーポリッシュで磨いたら
キラキラ。
ハートのペンダントは学生時代に購入したもの…
相当年季が入っておりますが、綺麗になりました。

IMG_4990


県をまたいでの外出も解禁になりました。
まだまだ感染に気をつけながらですが、
お手入れしたアクセサリーと共に、少しずつ
外出しようと思っています。

細心の注意を払いつつ
大好きなものを身に付けて…!









新宿御苑のお話しが続きますが、今回も
お付き合いください。

御苑は徳川家康の家臣、内藤氏の江戸屋敷の一部が
始まりで、明治に農事試験場を経て
明治39年に皇室の庭園となり、昭和24年に
国民公園として私達も訪れる事が出来るように
なりました。
なので、公園内に色々な施設があります。

まず温室。
訪れた時は残念ながら感染予防の為に閉館中。

IMG_4635


初めて訪れた時は見逃していた旧洋館御休憩所。
天皇、皇族方が温室を訪れた時の休憩所として
明治29年に建てられました。
こちらも閉館中。

IMG_4664

IMG_4668


皇室ゆかりの場所ゆえこちらもありました。
令和の年号が太宰府で詠まれた歌にゆかりが
ある事から太宰府天満宮から送られてた梅。
令和2年2月と但し書きがあったので、まだ
来たばかり…
新宿御苑の新しい顔。

IMG_4583

IMG_4585



そして公園内の目玉、日本庭園。

IMG_4564

IMG_4556

IMG_4544


なんと見事に刈り込まれたさつきでしょう。
庭師の方の技術に脱帽!

IMG_4525



御苑の日本庭園を見ていたら
一昨年、訪れた日本庭園で有名な島根県の
足立美術館の風景を思い出しました。
因みにですが、こちらがその時の足立美術館の
庭園です。
御苑、負けていません!!

IMG_4413


御苑のお話しに戻ります(笑)
日本庭園の中で目を惹くのがこちら
旧御凉亭。
台湾閣とも呼ばれ、昭和天皇のご成婚を祝して
在日の台湾の方が寄贈されたとの事。

IMG_4617

建物の中から見た日本庭園が圧巻。
まるで屏風絵のよう

IMG_4537

IMG_4542


沢山歩いたので、ちょと一服。
茶室の翔天亭がオープンしていました。

IMG_4766

今の季節にふさわしい、しののめというお菓子。

IMG_4767



お土産もあります。

IMG_4623
IMG_4625
IMG_4626

長きにわたり自粛していたのでなんだか旅行を
している気分になりました。


梅雨の晴れ間。
本当に気持ちが良くて思わず芝生にごろん…

IMG_4591

なんとすぐそばまでムクドリ達がやってきました。

IMG_4606

空を見上げたらこんなに綺麗な青空。
まさに梅雨の晴れ間。
暫く空を見上げるという当たり前の事さえも
忘れていたような…

IMG_4611

こんな写真も撮ってみました…

IMG_4612

両足で雲を挟む…
なんだか空高く飛んで行けそうです。
うーむ、気持ちが良い…

なんと、
この後続けて2日も御苑を訪れてしまいました(笑)






↑このページのトップヘ