2020年05月


本のお話しの続きで恐縮なのですが…

あまりに面白く
夢中になって読み進め、最後の数ページは
涙をふきながら読み終えた本。

どうしてもご紹介したくて…


IMG_4197

前のブログでも大事に読んでいるとお話しした
早見和真さんの著作「ザ ロイヤルファミリー」
です。

表紙からロイヤルファミリーとは、家族の事だと
思いながら読み始めたらなんとこれが
サラブレッドの名前。

競走馬を持つ家族を軸に、騎手、調教師、
馬を産出する牧場関係者のお話しが絡み合い
しかもそこにドラマチックなレースも
えがかれております。
面白くないわけがありません。


学生時代英語の時間にthoroughサラが
サラブレッドのサラ、純血種と知り
なる程と納得したことも思い出しました。

そしてこの本が私を惹きつけた理由は
父方のおじが本の舞台にもなっている
北海道、日高の牧場でまさにサラブレッドを
育てていた事。

そして本に登場するロイヤルファミリーという
サラブレッドが幼い頃おじの牧場で見た
美しいサラブレッド達を思い出させてくれた事も
あるかもしれません。


最後の最後に1番盛り上がるレースのお話しが
来る事は予想通りなのですが…

その物語の終わり方が全く予想外だったのです。

著者、早見和真様
降参!
参りました!

これが読み終えた時の感想です。
でも、だからこそ忘れられない一冊となりました。


これからお読みになる方の為に
ラストは秘密です(笑)

IMG_4198


最後のページのサラブレッド、ロイヤルファミリーの
挿絵です。

この挿絵が、おじの牧場で育ったサラブレッドが
天皇賞をとった時の事を思い出させてくれました。
家族全員でテレビの前に陣取り、応援したことを!
まだ私が高校時代の時のお話しです。

でも、なんとその時の映像、検索したらありました。

その映像を見ながら、亡くなった父、母、おじを
思い出しなんだかほっこり致しました。

そしておじの牧場は今、孫達が引き継いでおります。
まさにこの本のもう一つの主題が思いは引き継がれる
なのですが…

小説の主題、現実になっております!



外出自粛に入る前に、図書館で数冊本を
借りておりました。

IMG_3363


借りておいてよかった!
自粛の要請が出て、程なく図書館は休館。
大きな書店も休業。

これを読んだら、未読の本、新刊は暫く
読めません。
と思ったら急に借りていた本が貴重なものに
思えてきました。

カッティングエッジはアメリカの推理小説作家
ジェフリー ディーヴァーのシリーズもの。
大ファンでこのシリーズは全作読んでおります。


IMG_4179


IMG_4176

借りていたこの7冊が自粛中の私の楽しみになってくれました。


実は先月NHKのEテレで放送された
100分で名著をたまたま見ました。

IMG_4177


取り上げられていたのは
この状況で俄然注目されている
カミュ−のペスト。
以前放送されたものを急遽再放送。

IMG_4178

この状況で読むのと、平時の時に読むのとでは
迫ってくるものが全く違います。

一瞬ネットで取り寄せて読もうかと思ったのですが
考え直しました。

こんな時期だから、元気を貰えるもの、笑えるもの、
ほっこりするものを読もうと…


上の写真の「グランド シャトー」は
大坂を舞台にたくましく生き抜いていく
女性のお話。
まさにこの時期、そのエネルギッシュな生き方に元気を貰いました。


図書館が再び開館するまでは
一気に読む事はせずに、一章ずつゆっくりゆっくり
味わって読んでおりました…

でも読んでいない本は
「ザ・ロイヤルファミリー」の半分のみに
なりました。

来週には自粛が解除されるのではという希望が
出てきました。
解除されれば、図書館は開館してくれます。

それまで残りの半分を大事に大事に読みます(笑)


長きに渡って通っているジムも休館中。
ジムに行かなくなってほぼ2か月です。

先月、そのジムから「宅トレ30日間チャレンジ」の案内がスマホに送られてきました。

動画でトレーナーと一緒に3つのトレーニングを
するというもの。

自分でもトレーニングはしていたのですが
どうしても甘くなります。
宅トレ、チャレンジしてみることにしました!

これが3つのトレーニング。

IMG_4161


美尻はスクワット。
最初は1日、1分から始まり、途中2分、
最後は3分。
日をおうごとに時間が増えます。


凹腹はプランク。
こちらも、1分、2分と増え最後は3分。
このプランク3分が本当にきつかった…(><)
笑顔で頑張りましょうとトレーナーの声かけが
入るのですが、実際泣きそうになっていました(笑)
ふう、3分やり切ると汗が止まらなくなります。


麗胸は、腕立て伏せ。
こちらも1分、1分半、最後の数日間は2分。
2分になった時は肩が笑ってしまう感じです。

合計すれば10分もないのに、
えいっ、やるぞと気持ちをあげないと
取り組めないのは我ながらちょっと情けない…


IMG_4146


でも、今日30日間連続でやり遂げました。

どれも初級、中級、上級とあったのですが
上級はとてもとても…
中級で頑張ったのでした(笑)


そして、先週馴染みのトレーナーが
ライブでピラティスを配信。

このズームというアプリを使うと
沢山の人達と一緒にトレーナーと繋がります。

IMG_4162


YouTube、DVDなどなど色々あるのですが
それとは全く違います。
ライブでしかも沢山の方々と一緒に同時に
身体を動かす。
参加者も日本中、そしてニューヨークに
住んでいる方も…

1人でやるのとは全くちがます!
テンションが上がることは勿論のこと。
知らない方たちですが、お話し出来るって
楽しい!
まさに今1番欲しているもの。


休館中のジムもインストラクターによる
ヨガ、ピラティス、エアロビックス、ヒップホップ
ボクササイズなどなどのライブ配信が始まりました。


IMG_4163

早速、ライブ配信活用。
こちらも1番最初にライブ配信されたのが
ピラティス。
好きなピラティスなのに、案の定
身体がうまく動きません。


223B7381-F993-4553-8D08-B48BFFEDE323

インストラクターと一緒に身体を動かすと
身体が喜んでいるのがわかります。

自粛が段階的に解除されても、元に戻るには
まだ時間がかかります。

でも沢山あるツールを駆使すれば、なんとか
乗り切れる!

なんとジムまで我が家にやって来るのですから…



今年は、10日が母の日でしたが、この状況ゆえ
お花屋さんへの集中を避ける為、ひと月かけて
母の日をお祝いしましょうと言われております。

という事はひと月の間、母の事を考えて貰える
チャンス…
母としてはなんだか得した気分です(笑)

きっと、父の日もそういう事になりますね。


長男とお嫁ちゃんが送ってくれたお花

IMG_4081

優しいピンクの色に癒されます。



こちらは次男とお嫁ちゃんが送ってくれたお花

IMG_4132

紫のカーネーションが綺麗です。

余談ですが…
中学時代の次男、花には全く疎く
母の日に渡された花を見て大笑いした事が
あります。

はいと差し出された花は
なんと仏花!!

渡された瞬間
私はまだ仏様にはなっていないと即答。
次男はキョトンとしています。

それが仏花とは全く知らなかった次男です(笑)

花屋の店先の1番取りやすい所に置いてあった花。
しかも手頃な値段。
次男が何故仏花を選んだかよくよくわかるだけに
よけいにおかしくて…
忘れられない母の日のエピソードになっています。


昨年から定番になった
姪っ子達からの神泡、プレミアムモルツ。
今年は淡いピンクの箱です。
ありがとう、主人と飲みます!

IMG_4098



そしてもう一つ箱を開けた途端に
うわぁっと声をあげてしまったのがこちらです。

IMG_4133

この箱を開けると…


IMG_4131

なんと絵のようにぎっしりと
詰められたお菓子が目に飛び込んできました。
あまりに素敵で、ただただ眺めておりました。

銀座きくのやの特選缶、JAPAN。
崩すのがもったいなくてなかなか手が
出せませんでした。


13年前に亡くなった大好きな友人のお嬢さんから
です。
私は勝手に親戚の叔母のような気持ちで
お付き合いしているのですが…

3人目の赤ちゃんのお誕生祝いのお返しです。
この時期に届いたのがなんだか嬉しくて…

お嬢さん家族とお嬢さんの子供達を末永く
見守っていけたらと改めて思いました。




IMG_4137

そして、これが母の日のお花と一緒に添えられた
カード。
実は今年のものではなく、息子達が
まだ学生だった頃にくれたもの。

内容にほろりとさせられ大事に大事に
しまってあったのですが…
その存在をすっかり忘れておりました。

外出自粛でいつもより念入りに掃除ができるので
見つけたのでした。
中身を読んでまたまたほろりです。

外出自粛…
ストレスが溜まる事ばかりでは
ありません。
忘れていたものの再発見があります!





皇居のお堀に沿って歩き続けると
柳の井という看板を見つけました。

旱魃にも枯れる事のなかった名水。
道を挟んで桜の井もあったとの事。

IMG_4002
IMG_4001


道は緩やかな下り坂。
涼やかな風がお堀から吹いていて
日差しは強いのですがとても気持ちが良いです。


IMG_4031

国会議事堂を後にして



IMG_4012

警視庁を通り過ぎました。

皇居を中心に日本の中枢の機関が並びます。
見慣れてはおりますが、やはりこの辺りだけは
空気が違うように感じます。



IMG_4018


IMG_4030

桜田門まで来ればこっちのもの(笑)



IMG_4032


外桜田門、そして桜田門も元気に通り抜ける
主人です。2月に脊柱管狭窄の手術をするまで
歩く事もままならなかったのが嘘のようです。
歩けるってありがたい事だとこの散歩で
何度も口にしておりました。

IMG_4034

桜田門を見上げてみました。





IMG_4043

桜田門を抜けると皇居。
昨年、沢山の人が集まって陛下のお祝いを
したのでした。
今の状況を思うと複雑な気持ちになります。


IMG_4041

丸の内のビル群も見えてきました。


IMG_4052


こちらの堀を通り過ぎれば、東京駅は
もう少し。


IMG_4054


白鳥が一羽ゆったりと身繕いをしつつ
泳いでおります。


さてここから右手の方に向かっていくと
遠くに見えてきました、東京駅。

見えてきたら、俄然元気が出てきました。
ぐんぐんと東京駅が近くなってきます!


IMG_4065


うわぁ、とうとうやりました!
東京駅へGO!!

私達にとっては大冒険でしたが…

昔の人達は、まずは歩く事が移動手段。
しかもわらじを履いて、長い道のりをただ歩く。
籠があったとしても籠かきも徒歩。

江戸城にお勤めに向かった武士達も、屋敷から
移動は徒歩が多かったはず。
しかも天気の良い時ばかりではない…

一日に1万歩歩くと身体に良いとさかんに
言われておりましたが…

今のような交通機関が整備される以前
いったい人はどのくらい歩いていたのか…
色々な事を思いつつ帰路についたのでした。

とりあえず東京駅迄GOはやり遂げました(笑)



↑このページのトップヘ