2020年02月



たびたび話題にさせて頂いている歌舞伎とは
長いお付き合いですが…

文楽を見るチャンスがなかなかありませんでした。
昨年早稲田の講座で文楽の講座を取った事が
後押しになりました。
今月とうとう文楽デビューを果たしました(笑)

IMG_2876





IMG_2873

文楽が上演されるのは東京では、主に国立劇場。



今月は第二部で義太夫の竹本津駒太夫さん改め
竹本錣太夫(たけもとしころたゆう)の
襲名披露狂言もありなかなか盛り上がって
おりました。

IMG_2877





文楽は若葉マークなので、イヤホンガイドを
借りました。
でも作品はほとんどが歌舞伎とリンク。
助かりました(笑)
しかも字幕も出るので歌舞伎よりわかりやすいの
です。


これは歌舞伎でいうなら勧進帳です。
文楽では鳴響安宅新関(なりひびくあたかのしんせき)
という演題。ちょっと驚き!

IMG_2864



上演作品は殆ど同じですが、歌舞伎と文楽の違いはなんだろうと上演中ずっと考えていました。

勿論、登場人物を人形が演じるか人が演じるかが
大きな違いですが、物語を語る義太夫の役割の
大きさが全く違うのです。
文楽の義太夫は老若男女、あらゆる身分の登場人物を演じる役者の役割と全てに目をいきとどかせる
指揮者の役割を担っているようです。

そして同じ作品でも太夫によって違った
味になります。
きっとご贔屓太夫ができますね!

息の合った人形使いも素晴らしかったです。
一つの人形に2人から3人の使い手。
チームワークが必須です。




IMG_2869

今月歌舞伎座と文楽は同じ演目が二つ。
一つは有名な近松門左衛門の作品、
遊女梅川と忠兵衛の道行。
歌舞伎と文楽を見比べる事ができて面白かったです。





IMG_2872

IMG_2579


もう一つは菅原伝授手習鑑。
歌舞伎の方は片岡仁左衛門産さんの道真が絶品。
歌舞伎、文楽を続けてみると物語が一つになると
いうのもなかなかです。
文楽の方は切ない人形の表情が胸に迫ってきました。



文楽終了後に、どなたかが
ずっと見ていると人形ではなく人のように見える
とおっしゃっていたのですが…
私はずっと人形に見えていました。
でもそれはただの人形ではなく太夫や人形遣いの方に
息を吹き込まれた人形を超えたもの。
役者が演じるとどうしても役者の色々なものが見えて
しまうのですが…
人形が演じると一切の固定概念がなくなって
物語そのものを純粋に楽しめる。
それが文楽の楽しみなのかなぁと若葉マークの
私は思っておりました。

文楽、歌舞伎に次いではまってしまいそうです!



昨年もブログで紹介した世界ラン展。
今年も東京ドームまで足を運びました。
この時期大きな催しものに行くのは
ちょっと勇気が入りますが…
今年30周年と聞き完全装備で参りました(笑)

IMG_2707


今年の一等賞、日本大賞はこちらです。
茨城県の太田精一さんの作品。



IMG_2822


受賞理由はこちらです。

IMG_2823




沢山の美しい蘭が会場を埋め尽くして
おりました。
ここまで育てあげるのには
大変な労力、苦労があるのだと思いますが、
美しい蘭が見事に咲いた時の喜びは
何ものにも変えがたいですね!



面白いと思ったのはカトレアの家系図。
カトレアの系図を見たのは初めてです。

IMG_2774

印象に残ったのが、ショーディスプレイの部門の
岐阜県立恵那農業高校の作品。
高校生がここまでの作品を作るとは驚きです

IMG_2758


沢山のショップコーナー巡りも
凄く楽しかったのですが…
見つけてしまいました。

IMG_2789

フラで身につけるレイやお花を販売している
オーキッドレイ•カンパニーのショップ。
タイ出身のナルパサナン夫人が、
タイの花づくりの技法をベースに作ったのが
こちらのレイ。
今はハワイの新たなレイ作りのパイオニアに
なっているそうです。


勿論。即購入致しました(笑)


IMG_2812
IMG_2814

翌日のフラレッスンに身につけて踊りました。
生のお花を身につけて踊るのは気持ちの入り具合が
全く違います。

生花の力侮れません!

ラン展でレイに出会えるとは…
とっても嬉しい出会いでした。



これは、シンギングボールと呼ばれるものです。
上から見ると中にこんな見事な神様が…


IMG_2473



横から見るとこのような形をしています。

IMG_2477


IMG_2474

恥ずかしながらシンギングボールの事は
全く知りませんでした。
歴史は古く、3000年くらい前に
チベットのラマ教の高僧が神に捧げる儀式に
使っていた仏具だったとのこと。
チベットの音色とも言われ、広くアジアに
広まりました。

大きな金属でできたお碗のようです。
大きさも様々で、描かれている物も
異なります。


IMG_2475

実は前のブログの和菓子のお店、薫風さんで
シンギングボールのイベントが行われていたの
でした。

イベントの事は全く知らないで伺ったのですが、
美味しいお菓子を頂いただけでなく
シンギングボールの事まで知る事が
出来ました!



IMG_2489


このバチでシンギングボールを叩いて音を
出します。
演奏もできます。



IMG_2488

なんとシンギングボールを頭にのせて頂きました。
ただのせたのではなく…



IMG_2486

バチで叩いて音を共鳴させます。
そうすると不思議なのですが、音によって
気持ちが穏やかになり、落ち着いてきます。

シンギングボールを頭にのせるとは想像だに
しませんでしたが…(笑)

乱れた気を浄化し、元気を呼び起こし
心と身体を癒してくれるヒーリングツールとしても
用いられているそうです。

ヨガが終了した時に小さなシンバルのような形をした
ティンシャを鳴らしますが、同じ効果があるような
気がします。


IMG_2698

シンギングボールのプレーヤーで、
癒しの体験をさせてくださった
石井ミヤ子さんです。
色々な場所でイベントをなさっていらっしゃる
との事。

美味しいお菓子だけでなく、元気と癒しまで
頂いてしまいました。

薫風さんでは、もう1人素敵な方と出会いました。
そのお話しもまたブログで!




今の時期はお菓子といえばチョコレートですが、
今回は美味しい和菓子のお話しです。

食材にこだわった、四季折々の美味しい
手作り和菓子、そしてそれに合わせた日本酒を
頂ける薫風(くんぷう)というお店がずっとずっと
気になっておりまして…
先日思い切って足を運びました。


IMG_2491

こちらが薫風さん。
千駄木駅から徒歩5分もかからぬ所にあります。
一見するとお店とはわからないこじんまりとした
感じですが素敵なお店でした。




IMG_2673

お店の中にどんと大きなテーブルが一つあって
そのテーブルを囲むようにお客様が座ります。
大きなテーブルに相席状態ですが、
初めて会ったとは思えないくらい気さくで
話しやすいお客様ばかり。
どのお菓子が美味しいとか、次に来たときは
これを食べると良いなんていうお話しで
大盛り上がりでした。




IMG_2674

薫風さんのお試しセットは三種類のお菓子に
日本酒がつくという人気セット。
こちらにしようと決めていたのですが、
旬の食材を使ったお菓子も美味しいと伺い
今しか食べれないお菓子に注文変更(笑)



IMG_2478

苺、黄身のあんをその場で焼いてくださる
モナカでサンド。サクサクのモナカの食感が
堪らない美味しさ。こちらのお菓子は
この日までしか頂けないと聞き
さらに美味しさ倍増です。


IMG_2479

拡大するとこのような感じです。



最中があまりに美味しくて別のお菓子も注文(笑)

IMG_2481



IMG_2482

白あんの入ったこれまた美味のお菓子。


そしてこれに合わせた日本酒がこちら。
すっきりしていて和菓子を引き立ててくれる
控えめなお味のお酒。


IMG_2471


季節に合わせ、食材が変わるので
次々異なったお菓子が登場します。

これはたびたび伺わなければなりません!

バレンタイン時期はチョコレートの入った
どら焼きが販売されていました。
勿論購入。

またまた通いたくなる素敵なお店を
見つけてしまいました。

薫風さんで素敵な思いがけない出会いがあり
こちらのお話しもまたブログで紹介します!


今年初めてのゆうゆうモデル、高橋さんとの
お出かけは渋谷に新たにできた
スクランブルスクエア。

47階建てでありますから、
先ずは屋上にGO!


こちら、SHIBUYA SKYと呼ばれる屋上に
直結したエレベータの天井に写し出されたもの。
次々に写し出されるものを見ているうちに
あっという間に屋上に着きました。

IMG_2509



屋上に行くのに2000円のチケットを購入。
ちとお高いかなぁ…と思いつつも
せっかくだから行こうと同意見の私達。

いざ、屋上へ!

IMG_2583



はるか下にはスクランブル交差点。
屋内ではなく屋上から見ると
迫力があります。

IMG_2540



オリンピックのメイン舞台となる
国立競技場も見えます。

IMG_2534


IMG_2530


ここは、目黒?
ここは横浜?
あっちに富士山がある?なんて話しながら
360度に広がる景色を2人して眺めておりました。

スカイツリーに東京タワー
想像よりもずっと近くにある東京湾。

実際に東京を見渡すと密集しているのが
よくわかります。
やはり、地震がきたら大変なことになるなぁと
実感!

IMG_2529




高橋さんもスマホ撮影。

IMG_2532


何処に何があるという掲示板があれば
もっと楽しめたかも…


ラウンジもあり

IMG_2547


景色を見ながら白ワインでちょっと一息。

IMG_2543


生憎の曇空…
晴れていたらもう少しクリアな景色が見れたかも
知れません。






↑このページのトップヘ