2019年12月




湯河原を訪れるたびに、余裕のある時は
熱海のMOA美術館にも寄るのですが…
今回は痛めた足を引きずっておりますので
余裕があるとは言えません(笑)


しかしです、特別展示は仁清。
私を呼んでいると勝手な思い込み(笑)
よーしと意を決して
美術館まで行ってしまいました。

MOA美術館は熱海駅から車で10分弱、
山の上にあり相模灘を一望できる最高の
ロケーションにあります。
国宝や重要文化財などを含む約3500点あまりの
美術品を所蔵しています。
黄金の茶室も有名です。


ああ、なんとか美術館に無事到着!


IMG_1224


美術館入り口からいきなり長いエスカレーターが
お出迎え


IMG_1229



エスカレーターの踊り場天井は
万華鏡を模しております。
美しく変化する天井…
暫し見入ってしまいました。


IMG_1233


IMG_1234



エスカレーターを登り切ると待っていたのが
あわぁ、階段…
いつもなら全く問題ないのに…

美しい景色を眺める為です!
意を決して登ります。
ゆっくり、痛めた足に体重をかけないように…


IMG_1243

足を庇いつつ登った甲斐がありました!
拡がる美しい景色。


IMG_1238


IMG_1246


IMG_1248


美術品もさる事ながら
美術館の庭にある春満開になる桜
色付く木々の美しくさも一級の作品と言えます。



美術館入り口には
エミール•アントワーズ•ブルーデルのレリーフが
あります。


IMG_1253




IMG_1252


美術館の中のエスカレーター、エレベーターを
目ざとく見つけ(笑)なるべく足に負担がかからない様に見学。

でもまだ見たいものがあります。
今の時期、紅葉の美しい美術館に隣接する茶の庭。


IMG_1323



茶の庭の入り口まで辿りつくのに


IMG_1309



またまた階段(笑)

IMG_1266


でも来た甲斐がありました。
綺麗に色付いている木々。

IMG_1290



IMG_1277


IMG_1279




茶の庭にあるお茶室で
頂いたのがこちらです。

IMG_1294

お茶碗も秋の風情

IMG_1292



美しい景色を眺めつつお茶を頂き幸せ気分。
足の痛みもなんのそのです!

IMG_1291



しかし、元気な時はほとんど意識して
いませんでしたが、駅をはじめ沢山の
商業施設や病院…
バリアフリーはまだまだなのだと
強く思いました。

エスカレーターがない駅の階段。
あったとしても登りと下りが
一つずつしかなかったり…
エレベーターが遠く離れていたり…
至るところに段差がある歩道。

健常者だけでなく、全ての人が
生きやすい活動しやすい環境作りの大切さ…
今回足を痛めた事で改めて実感しました。












段差のある所で転けて、靭帯を痛めたお話の
続きです。

痛めてから二週間経ちました。
やっと足をひきずらなくても
歩ける様になりましたが、まだまだ痛みは
あります。

痛めるのは一瞬ですが、年齢を重ねると
完治するのに時間がかかる…
わかってはおりますが、辛いところです(笑)


IMG_1328


IMG_1325



春と晩秋の年2回、夫婦して
奥湯河原に行くのが恒例になっておりますが
今回も訪れた湯河原。
今回は痛めた足の湯治にもなります。
ああ、なんとタイムリー!
つくづく有り難く思いました。


IMG_1348


定宿としている旅館のお部屋からは、
いつもこの時期
色付き始めた木々を眺める事ができます。

ゆっくり温泉につかり
痛めた足を温めてほぐします!

湯河原は私の父も大好きな場所。
幼い時からよく訪れていたので
湯河原を訪れると
本当にホッとします。



IMG_1359


色付き始めた木々も素晴らしいですが
澄んだ空気を胸一杯に吸い込むと
本当に元気になります。

湯河原を訪れるといつも
熱海のMOA美術館に行きます。
次回はそのお話しです。

















↑このページのトップヘ