2019年09月



当初は息子夫婦とニューヨークの街をぶらぶらする
計画でしたが、一歳の孫が時差のため、昼夜逆転!

そのため旅行の間午前中は1人で行動する機会が
多くなりました。

ニューヨーク最後の日も1人散歩。
宿泊ホテルが五番街という絶好のロケーション…
ホテルを出発し五番街を歩きます。
凄く気持ちの良いニューヨークの朝。
青い空…
なんだかワクワクします。

IMG_0362



さあ、長年訪れてみたいと思っていた
メトロポリタンミュージアムに向かって出発!
美術館までの道をひたすら歩きます。


IMG_0373



左にセントラルパークが見えてきました。
公園の中に入ってみます。

IMG_0387



公園の中をランニングする人達。
日本と同じ光景。

IMG_0384



セントラルパークの入り口付近に沢山の馬車が
並んでいます。
日本で言えば人力車⁈
観光客を乗せて観光案内をしていました。

IMG_0368


IMG_0369




こちらは信号機です。
勿論、人の形が出たら渡れます!
赤の手の形は赤信号と同じですが、
下に秒数が点滅している時は、大急ぎで渡ります。
秒数の点滅が消えたらアウト。
渡れません(笑)


IMG_0379




あゝ、見えてきました。
ついに来ました…
メトロポリタン美術館!
憧れていた人にやっと会えたような気持ち…

IMG_0390


IMG_0388



なんとダビンチの特別展が開催されています!


IMG_0389


入場料は日本円で大体2500円くらい。

IMG_0743


日本の美術館の入場料に比べたらちょっと
お高いですが、3日間有効。
メトロポリタン美術館を見尽くすには
そのくらいかかるということ。



美術館の入り口付近


IMG_0399


IMG_0398


色々な年代の世界中の美術品が
これでもかと並んでいるのは圧巻。
素晴らしい作品の数々にただただ
圧倒されっぱなしでした。

大好きなドイツの画家、アルブレヒト•デューラの
作品を見た時は本当に嬉しくてガッツポーズ…
日本ではなかなかお目にかかれません。


メトロポリタン美術館では、もう一つ
凄いものを見ることができました。

IMG_0393


IMG_0392


美術館前で見かけたお二人。
只者ではありません。
おそらくプロのバレエダンサー。
もしかしたら大好きな
ニューヨークシティーバレエ団の方では…
沢山のタンスポーズを決めていらっしゃいました。
スティール写真の撮影のようでした。
なんとしかも素足です。
美術館の作品だけでなくプロのバレエダンサーにも
遭遇出来て本当にラッキー!


美術館のショップには沢山の素敵なものが
あって何を買うか散々迷ったのですが…
購入したのはこの三つ。



メトロポリタンミュージアムのエコバッグ

IMG_0738





モネの絵のミルクチョコレート


IMG_0740




素敵なブックエンド

IMG_0739



もっともっとゆっくり見たかった
メトロポリタンミュージアム。
チャンスがあったら是非再訪したいです。

次回もサクッとニューヨークです(笑)







IMG_0257


これ、何だと思いますか?
今年、3月に出来たニューヨークの新たな名所
ベッセルです。
ショッピングモール、ハドソンヤードの中に
建てられた階段と踊り場だけの大きな建造物。

その建造物ベッセルを上から撮った写真です。





IMG_0227

ショッピングモール内から見るとこんな感じ




IMG_0229

下から見上げたところ。



IMG_0713


もう少し引いて見るとこんな感じです



入場は無料です。
階段をひたすら登っててっぺんに到着。

もちろんエレベーターもあるのでご安心を(笑)




IMG_0253




IMG_0238


でも、本当に不思議な建造物




眼下にハドソン川が見えます。


IMG_0251


反対側にはマンハッタンの街が…

IMG_0252






IMG_0259


一番最初の写真で真下の真ん中に青い場所が
あるのがわかるでしょうか?
そこが、スマホを置いて自撮りができるベッセル
一番人気の写真スポット。
上に空が広がっています。

たくさんの人が自撮りをしておりました。

私達もセルフィー!


入場はネットで時間予約もできるので
混雑を避けたい場合はそちらがおススメです。

ついでながら、入り口には乳母車置き場も
ありました。
子連れにはありがたい!

今回は、小さい孫に対する沢山の方達の
優しさを感じる旅行でもありました。











来ました。
ニューヨークです!


IMG_0374


IMG_0211



長男が現在、仕事でピッツバーグに滞在している
お話は以前致しましたが…
仕事の関係で一年遅れて、来年
ピッツバーグに向かうお嫁さん、
視察も兼ね今回一週間ピッツバーグに
滞在することになりました。
勿論、昨年生まれた孫も一緒。
で、私も助っ人として同行です。

アメリカ本土は16歳以来、なんと44年ぶり。
そしてニューヨークは初めて!
私のためにニューヨークに寄ってくれました。
長男夫婦に沢山のありがとうです。




IMG_0180


常に人が溢れているタイムズスクエア。
奥の細長いビルは、カウントダウンで有名ですね!



こちらはトランプタワー

IMG_0355



IMG_0318


IMG_0316


トランプタワーの前には
トランプ大統領の被り物を付けた方が
皆さまの注目の的。




IMG_0357


トランプタワーの近くにあのティファニーのお店も
あります。



IMG_0153



IMG_0152


こちらは至るところに宣伝ポスターがあり
とても気になった映画の宣伝です。
こちらでは公開間近ですが
日本でも公開されるのでしょうか…
気になるところです。


ニューヨークは人をワクワク、ドキドキさせる
本当に魅力的な町。

次回もニューヨークのお話です。


いつも終了間際になって慌てて行く美術展(笑)
なので、ブログにアップした時は 
終わってしまっている事が多くて…
すいません。
今回も終了ギリギリ(笑)


IMG_0051


こちら上野の西洋美術館で開催されている
松方コレクション展。

 実は西洋美術館、そして松方コレクションは
私と同じ歳。今年開館60周年。
その記念行事として松方コレクション展が
開催されました。





IMG_0060




IMG_0058


IMG_0066


西洋美術館の外になぜロダンの作品が
沢山飾られているのか…?

日本に本格的な美術館を作ろうと尽力していた
松方氏をサポートしたのがロダン美術館の館長
レオンス•ベネディット。それ故、沢山の
ロダンが並んでいるのだと納得。

松方氏は当初、膨大な作品を買い求めました。
でも売却、戦争、火災、フランス政府の作品摂取で
その数はかなり少なくなってしまいました。
それでも素晴らしい沢山の作品を見る事が
出来るのは松方幸次郎氏のおかげです。




IMG_0093



そしてこちらは東京国立博物館で開催されている
三国志展。

高校時代、世界史の時間は殆ど夢の世界に…(笑)
特に中国史の知識が欠如しております。

三国志は勿論あまりにも有名。
でも知識が乏しい。
それでも、いざ入館(笑)

三国志は、男性を惹きつけるのかいつも以上に
男の方が多いような…
秀でた武将が沢山存在したからでしょうか…?
私でも曹操、関羽、張飛の名前は知っております。

魏、蜀、呉の三国。
同じ時代に存在していたけれど
異なる文化を持っていたのが面白い…
そして三国の駆け引き、有名な戦闘。

これは結構ハマるかも…
三国志侮れません。
中国史学びなおしてみる価値ありです。








タピオカミルクティーがブームになって
久しいですが…
これほど人気になるとは…
ちょっと驚きでもあります。


IMG_0069

さて先日
タピオカドリンクの次に何がくるのかという
テレビ番組を見たのですが
いくつかの候補の中に
バナナジュースがありました。

テレビで紹介されていたバナナジュースのお店は
なんと見た事があります。
こちらが紹介されていたお店、sonna  banana
(そんなバナナ)。

でも、いつも素通りしておりました。
バナナジュースではかなり有名なお店のようです。




IMG_0073


今回は素通りせず(笑)
私も飲んでみました。
賞味期限は20分。
新鮮さが売りということですね。

うーむ、なかなかのお味。
良質なバナナが使われているからですね。
バナナの味が濃厚でボリュームもあります。
暑い日だったので冷たいジュースが喉越し良く
一気に飲んでしまいました。

同じ系列のお店が沖縄と都内では
八丁堀店、広尾店、吉祥寺店、南砂店があります。
私が行ったのは八丁堀店。

テレビの放送でたくさんの人が訪れるようになり
早めに売り切れてしまう事もあるようです。




IMG_0074


お店の入り口です。
こじんまりとしていますが
お店を訪れた有名人も多いらしく
写真も何枚か飾られていました。



IMG_0076

バナナのほかにドラゴンフルーツも
あるのですね。
こちらもとてもそそられます。
どんなお味でしょうか?
次回は是非こちらを飲んでみます!

さてさてバナナジュースはブームになるでしょうか…







↑このページのトップヘ