IMG_9194


30年から50年に一度しか咲かないと言われている
アオノリュウゼツラン(青の竜舌蘭)が日比谷公園で
開花していると知り見に行ってきました。



IMG_9197


青の竜舌蘭とは何だか凄い花の名前です。
もともとは中南米の熱帯で育ち、テキーラの
原料になるそうです。
別名、センチュリー(世紀の)プラント。
別名も凄いです!




IMG_9200


アオノリュウゼツランは1960年に植えられた
らしく、この春から茎が一日に10センチずつ
伸びて高さが6メートル以上に成長。

さすが青の竜舌蘭(笑)

黄色花びらが現れたのが7月中旬以降。
その様子が展示されていました。

花が咲き終わると栄養を使い果たして
枯れてしまうとのこと。




IMG_9199


ちょっと引いて見るとこんな感じです。




せっかく来たのでちょっと公園内を散策です。


IMG_9233

都会の真ん中にあるとは思えないくらい緑が豊か。
木陰に入ると暑さが和らぎホッとしました。


IMG_9181


IMG_9182


公園の入り口にある心字池です。

お恥ずかしいお話ですが
日比谷公園が日本で最初の西洋近代式公園だと
公園内の掲示版で初めて知りました。

あまりにそばにありすぎる為
その成り立ちや歴史を知らないでいる事が
沢山あります。




IMG_9226

 
IMG_9229


あまりにも有名な松本楼。
明治36年に日比谷公園が開園した時からある
老舗レストランですが…
当時はここでカレーを食べてコーヒーを飲むことが
とても流行ったらしいです。



IMG_9260


日比谷見附跡も見つけました。
赤坂見附に四谷見附…
見附とつく地名も沢山あるなぁと思い
ググッてみたら
見附とは江戸城に置かれた見張り番所で
橋と一体的に設置されていたとありました。

なるほど!


さて帰りかけたら
週末に行われていた日比谷大江戸まつりの
イベントに遭遇。


IMG_9293

イベント会場の舞台で書家の方が
何やら書いていらっしゃいました…


IMG_9247


お書きになっていたのはこれ。
日比谷大江戸まつり。
イベントのオープン二ングセレモニーでした。


IMG_9236


IMG_9237

「日比谷大江戸まつり」とは
江戸、東京のお祭りが日比谷公園に集結する
というイベントです。
この時期毎年行われているようです。

夏まつりが盛んになる暑い夏が
いよいよやってきたという事ですね。