IMG_6371



会期前から気になっていた奇想の系譜展。
見に行ってきました。
美術史家の辻惟雄さんのご本、奇想の系譜で
取り上げられた画家たちとあらたに2人の
画家が加わった展覧会です。

先日ご紹介した北斎展もそうでしたが
展覧会開催には、素晴らしい美術史家の存在が
不可欠です。
天才的な芸術家を見いだす素晴らしい美術史がいて
はじめて私達は作品に触れる事が出来るのだと
実感しました。



IMG_6372


現在は大人気の若冲も、辻さんが再発見し
著者で取り上げるまで忘れ去られていたとは…
驚きでした。


若冲をはじめ
岩佐又兵衛
狩野山雪
曾我蕭白
長沢芦雪
歌川国国芳
白隠慧鶴
鈴木其一
の作品が展示されています。
見応え充分でした。


IMG_6364

中でもユーモアと洒落っ気のある
長沢芦雪の作品に惹かれました。



IMG_6362


白隠慧鶴(はくいんえかく)の大胆な筆使いにも
圧倒されました。

彼らが大きな派閥に属さず、自由におのれの
道を進んでいったこと、そして互いの存在に
影響されつつ画業を極めていったとの事。
彼らが行きた江戸時代、彼らを受け入れた
庶民のエネルギーも感じました。


IMG_6369


実は先週購入したばかりの秘密兵器(笑)
美術館に行くと必ず持っていらっしゃる方がいて
前から欲しいと思っていました。
これで作品を見てびっくりでした。
作品の細部を本当に良く見る事がでしました。
美術館には必携の秘密兵器です!