昨年、鎌倉の明月院の紫陽花を見ようと出かけ
閉門時間ぎりぎりに到着した為に、明月院に入る事も出来ず、閉門した明月院の門の前で飛び上がって紫陽花見たのでした…

その残念な思をずっとずっと引きずっておりました!

リベンジ明月院‼︎

今年こそ、明月院の紫陽花を見ようと思いも新たに出かけたのが今週月曜日。

今回は仲良しのゆうゆう読者モデル、高橋京子と出かけました。

明月院には2時到着し、しっかり見頃の美しい紫陽花を堪能することができました。
IMG_6918

美しい様々な紫陽花が咲き誇る明月院。
平日の月曜日ではあるものの、シーズン真っ盛り。
沢山の方達が美しい紫陽花を満喫していらっしゃいました。
IMG_6914
色とりどりの様々な紫陽花は圧巻!
やはり何の説明もいりません。
美しい紫陽花を満喫してくださいませ。
IMG_6902
IMG_6906
IMG_6907
IMG_6908
IMG_6909

IMG_6916
IMG_6917
IMG_6913
IMG_6932
IMG_6947
IMG_6951
IMG_6926
IMG_6923

紫陽花だけでなく竹林も菖蒲も見事。

明月院は、様々なものを楽しめる事が出来るから、人気のスポットなのだと改めて思いました。
IMG_6945
IMG_6930

今月初めに、ご近所の紫陽花をご紹介しましたが明月院の紫陽花はやはり一味違います。

明月院といえば勿論こちらも外せません。IMG_6935


IMG_6938
ここからの眺めは明月院の看板!
紫陽花の頃だけでなく四季折々の美しさもこちらから眺めれる事が出来ると思うと季節ごとに訪れたくなります。

見事な紫陽花を満喫して帰宅する途中に
寄った北鎌倉の和菓子の”こまき”さん。
亡くなった父が大好きだったお店です。

抹茶と共に頂けるこちらのお菓子を頂きました。
勿論今月は美しい紫陽花のお菓子。
IMG_6959


うーむ、花より団子‼︎

いつも事ながら、やはり結びはこうなってしまいました(笑)。



昨日図書館からお借りしたこちらを読み終わりました。
IMG_6884 
養老孟司さんの「まる ありがとう」

7年前に15年飼っていた犬を亡くしたときの
喪失感は相当なものだったので、ずっと一緒だった”まる”を失った養老さんが、”まる”を失った事をどのように捉え、折り合いをつけられたか
とても興味がありました。

“まる”はしばしば、テレビや雑誌でも取り上げられていたので、ご存知の方も多いと思います。

この独特の座り方は”まる”そのもの。
IMG_6857

何にも動ぜず、我が道をゆく
どうどうとした”まる”。
FullSizeRender

養老さんの秘書の平井さんが撮影された”まる”はどれも”まる”らしさに溢れています。
IMG_6861

養老さんが住んでいらした鎌倉の自宅が車の行き来が少ないとは行ってもなかなか思い切った事をなさると思ったのは
”まる”を自由に外に出していた事。
IMG_6860

養老さんは”まる”を自然そのものと考えていらっしゃる。
何にもこだわらず、あるがままに生きてきたと…

仏教とも結びつけて、ちょっと哲学的
時に冷静に論じていらっしゃる。

今は、犬や猫が愛玩動物になってしまっているからペットロスという問題が出てくる。
養老さんとは全く同意見です。

それでも、やはりまるは唯一無二の
かけがえのない存在であったと結んでいらして、胸が熱くなりました。
FullSizeRender
唯一無二であった為に、私も未だあらたに犬を飼えないでおります。

この春に義父が亡くなり、五十嵐家だけでなく、私の実家やお嫁ちゃん達のご実家のお墓も全部一緒にできたらと良いのにと漠然と考えていたのですが…

養老さんも、家の繋がりで墓をつくると断絶する可能性があるけれど、共通の趣味や職業人達に広げて墓をつくると断絶が避けられるのではとおっしゃっています。

昆虫採集の大好なので養老さんは、亡くなったら建長寺の供養塚、虫塚をつくり、そこに入ることに決めているとのこと。
もちろん”まる”も一緒です。

何という柔軟な新しい考え。
まさにこれです。
こんな風に家という概念を取り払ったお墓がつくれたら…
そんなことを強く思って、本を閉じたのでした。




大好きな仲間や友人達は何人かおりますが、
私にとって特別な仲間は次男が中学高校時代に所属していたバスケット部のママ友3人。

初めて、食事会や飲み会をしたのは、19年前。
来年は付き合いが始まって20年。

コロナ禍を除き、ほぼ2か月に一回は集まって、
子供の事をはじめ、家族の事、身体の事、年老いた親のことなどなど悩みを語り合っております。

どんな深刻な話しでも、みんなで話すと最後は
いつも大笑いで終わります。

私が1番年上で、4人の歳が一つず違うので私のお祝いをして以来毎年還暦祝いをしておりました。

そして、今月最後の1人がめでたく還暦を迎えました。
IMG_6807
ゆうゆうの雑誌に私服登場の時、3人が揃ってオッケーを出してくれた服をたびたび着ました。
全く違う好みの3人が揃ってオッケーなら間違いはないのです。
ゆうゆうにもある意味、貢献してくれています(笑)。

あまりに仲が良いので周りの方達は学生時代の友人と思い、ママ友と聞いてびっくりします。

私自身もこんなに長く付き合いが続くとは思いませんでした。

見栄を張る事も、気負う事もなく、ありのままでいられる…

何より、4人の仲間といる自分が大好きなのです。
仲間と一緒にいる自分が大好きだから、長く長く続いてきたのだと思います。

全員還暦を迎え、目指すは古希になりました。

4人全員で古希に向かってGOです‼︎‼︎


↑このページのトップヘ