この1週間、花粉飛散で体調がダウン。
珍しく気力の方も落ちておりました(笑)。

そんな時に読んだのがこちら。

村上祥子さんの
“料理家 村上祥子式 78歳のひとり暮らし”

IMG_1125

78歳でありながら、未だ現役でバリバリ、精力的に料理研究家としての仕事をこなす。
その生き方に圧倒されてしまいました。

沢山の事をこなす村上祥子さんはその大変さを
とことん楽しみ、夢中で取り組んでいらっしゃる。
とことん楽しみ、夢中になれる事も才能だと改めて思います。

身体中では絶え間ない合成と分解が繰り返されている。
だから食事で栄養分を送り続ける大切だと語っていらっしゃいます。
とくにゆうゆう世代のわたし達にとっては!

やはり食べる事は全てのみなもと。


子供達も巣立ち、夫婦2人生活の私には、村上さんのレンジの調理は大いに参考になります。
調理が簡単、早くでき、バランスも良く、しかも美味しい‼︎

料理だけでなく、とにかく前向きで新しいものを取り入れていく村上さんの姿に、花粉症でぼっとしていた私はシャキッとさせられたのでした。
いやカッを入れられたというのが正しかなぁ…(笑)

身体と心に沢山の栄養が欲しい方におすすめの本です!

またまた本に元気を貰った次第です。








首都圏の緊急事態宣言延長でお花見も昨年同様いつもとは違うものになるのかなぁ…と思いつつ近所を散歩していたらなんとなんと早咲きの桜に遭遇致しました。
IMG_1094
ここのところお花の話題が続いているブログですが、お花の話が多くなるのは春が近づいたという事。緊急事態宣言の継続、スギ花粉で体調不良でも春の訪れに気持ちは自然に上向きになります(笑)


今日、ご近所で遭遇した桜がこちら。
IMG_1089
コヒガンザクラという品種だそうです。長野県の伊那市の高遠由来の品種。

IMG_1077
昨年からご近所の再発見が続いております。どんな状況でも小さな楽しみを見つけ波を乗り切る。緊急事態宣言継続にそんな事を思っております。


春の花の色はピンクだけでなく黄色もあると教えてくれたのが国立駅。
IMG_1006
眼科の定期検診で国立をたびたび訪れているお話しは以前も致しましたが…


国立駅に着くと1番最初に向かうのは病院ではなく国立駅舎。なぜか吸い寄せられるように足が向いてしまいます。
やはり国立のお顔だからでしょうか?(笑)
で、今回は駅舎内に飾らせていたこちらが話の主。
IMG_0993
ミモザです。
黄色のミモザが駅舎内を華やかにしておりました。

さて、なぜミモザなのかというと
IMG_0986

このような説明がありました。
IMG_0988
3月8日は国際女性デー。
1904年に婦人参政権を求め、ニューヨークで行われたデモが、1975年の国際女性デー制定のきっかけになったとの事。

イタリアではこの時期ミモザの花が咲く事から
ミモザの日と呼ぶのだそうです。


ミモザと共に国際女性デーに因んだ展示物が飾られておりました。
IMG_0985
IMG_0990

IMG_0991

IMG_0992

IMG_1009

時の人、アメリカの副大統領のカマラ•ハリスさんとフィンランドの首相サンナ•マリンさんは国際女性デーに取り上げられるのにぴったりの方達。
IMG_0995

IMG_0998

国際女性デーが制定されて45年。
いまだ男性、女性が同じ立ち位置にいるかと問われるとむずかしいところです。

まさに日本でも女性蔑視の発言が物議を醸しましたが、このタイミングで国際女性デーを迎えた事は意味のある事だと思います。

大学、高校などがある国立。
文教地区”国立”という看板も目をひきます。
国立という土地柄、こういうイベントが駅舎内で催される。同じ東京でも町よってカラーが違うと改めて思いました。

これからの駅舎内のイベント情報も掲載されていました。
うーむ、国立からも目が離せません!











↑このページのトップヘ