大変だった一年もあと残すところ1ヶ月と少しに
なりました。
昨年もブログでご紹介した友人が送ってくれる
キウイ…
今年も送られてきました。

IMG_7298

今年も変わらずに届いた事が有り難く思えて
なりません。
色々あったけれど、いつもの年と変わらずに
年を越せると再確認できたような気持ちに
なりました。

IMG_7277

今年もこの四種類が入っておりました。

こちら左がブルーノ、右が紅妃。

IMG_7296


こちらは左がムサシゴールド、右が香緑。

IMG_7280

どれも、本当に甘くて、ジューシー。
口に入れた途端、甘さが口いっぱいにひろがります。
特に紅妃は、華やかな色あいと共に
その美味しさは格別です。
ムサシゴールドもなかなかです。

キウイがこんなにも美味しい果物だったと
教えてくれた友人に感謝、感謝です。

そして、今年も美味しいキウイを
味わえた事に感謝、感謝!!


因みに友人にはお返しに毎年柚を送ります。
そして自宅にも同じ柚を注文します。

IMG_7299
柚には何故かホッとさせてくれる
不思議な力があります。
寒い冬も乗り切ろうと思える力もくれます。

カットして冷凍保存します。
鍋やつゆものに入れたり、柚子湯に使ったり。
自家製の化粧水にしたり…
子供達が小さい時は、柚の皮を擦って入れ
パウンドケーキも焼きました。

さて今年はどうしましょう…⁈

IMG_7287
IMG_7292

暫くはテーブルの上に飾り香りも楽しめます。
アロマ効果抜群!

IMG_7290

柚の香りに包まれて、キウイを食する。
なんだか免疫力も上がりそうです(笑)。


10月末が読者週間だった訳ではありませんが
10月から11月にかけても良い本との出会いが
沢山ありました。

宇宙空間が舞台のスケールの大きな作品は
映画を見ているよう…
IMG_7244


IMG_7240


IMG_7243

IMG_7091

健康に留意した食事の取り方を教えてくれる
「食べる投資」は食べる事が大好きな私には
ちょっとハードルが高め。

北村一光さんの「ファントム•ピークス」は
秋に熊の出没が話題になっていた事もあり
このような出来事を予見していたような作品。

井上ひさしさんの「13人の手紙」は、随所に
仕掛けがありさすがの作品。

宮部みゆきさんの作品はいつも優しい気持ちに
させられますが「きたきた捕物帖」もほっこり
させられた作品。

でも一押しはこの2冊です。

IMG_7242

直木賞を受賞した馳星周さんの「少年と犬」
東日本大震災で迷い犬になった犬、多聞が
仙台から熊本までを旅する中、色々な物を抱えている
いる人達と出会う連作短編集。
結末は皆悲しいものばかりなのですが、
暖かい気持ちで満たされるのは多聞が
出会った人達に沢山のものを与えてくれるから…

最後の章が圧巻なのですが、何故多聞が
熊本に向かったかが明らかになります。
奇跡のようなお話に熱くなります。
でも、詳しくは語りません。
気になる方は是非一読を!


そして、こちらも夢中で読みました。
まさに、ウィルスの第三波に見舞われている
今の状況に読むべき本。
門田隆将さんの「疫病 2020」
改めて何故世界中でウィルスが猛威を
ふるっているのかを考えさせてくれる一冊。

IMG_7239

日本が何故ウィルスを水際で止める事が
遅れたか?
日本の現場…
国民に一律10万円が支給された理由…
中国という国がいったいどういう国なのか?
アメリカが何故ウィルスを武漢ウィルスと呼ぶか?
諸外国に比べて、日本の感染者数と死亡者数が
少ないのは何故か?
台湾のウィルス封じ込めの成功理由などなど。
読み始めたら止まりませんでした。

今日、また新たな発表がありそうですが、
また改めて気を引き締めなければなりませんね。

これから未知の感染症との戦いは必至です。

日本にもアメリカのCDC(疾病対策センター)と
同じような組織を作って貰いたいと切に切に
思ったのでした。





先月のブログでご紹介した麹町にある
夏の思い出のブロンズ像を覚えて
いらっしゃるでしょうか?

嗚呼、今何を身につけているのか
凄く気になっておりました。


ハロウィンも終わり、クリスマスにも早い時期です。


気になったら見に行くのが1番!


ブロンズ像、見えてきました。

さて、いったい何を身につけていたでしょう…
IMG_7218
うわぁ、消防士の衣装です。


なぜ消防士なのか…
コスチュームを考え、着せ替えて
いらっしゃる方に伺いたくてなりません(笑)
IMG_7217

もともと、麹町地区環境整備協議会(このような
機関があるのですね)が、1992年4月に新宿通りに6体設置したうちの1体です。

今は5体ですが、衣装を身につけていなかったのは
麹町にあるこちらだけ。
なので、いつの間にか季節にあった手作りの
洋服が着せられるようになったとの事。

来月、12月は…
勿論あの衣装ですよね!!

また確かめに行かなければなりません(笑)

↑このページのトップヘ