いつも行くお気に入りのお店で素敵なものを
見つけました!

銘仙をご存知でしょうか?
平織りの絹織物の着物。
大正、昭和にかけて流行りました。
斬新なデザインとお手頃な価格で
大人気となりました。



IMG_1132


その銘仙の生地を利用して作ったバッグ。
着物の生地とは思えない面白いデザイン。
沢山あった銘仙の生地を使った
バッグからこちらをチョイス。


昔の着物をこんな風に再利用。
どんな方がこの斬新ならデザインのお着物を
着ていらしたのでしょうか?
そんな事を思うとちょっとワクワクします!
大好きものがまた一つ増えました。









六本木の二つの美術展に行ってきました。

IMG_1105


一つはサントリー美術館の美濃焼のやきもの展。
以前は瀬戸で製作されたと考えられていた志野焼が
美濃で焼かれたという大発見があってから
美濃焼の魅力が沢山の人たちに知られたとの事。



IMG_1116


チラシの写真です。
美濃焼の個性的で力強く、鮮やか色合いに
惹かれました。
特に色鮮やかな赤のお茶碗が素晴らしかったです!






IMG_1103


そしてもう一つが国立新美術館のこちら。
新しい展示の仕方が斬新でした。
現代美術家6人よるグループ展。
映像、言葉、写真を駆使しております。
山城知佳子さんの映像作品が面白かったです。

作品の写真撮影もSNS、ブログも、個人の責任に
おいてオッケーというのはびっくりでした。
肖像権侵害には充分気をつけて下さいとありました。



IMG_1050



IMG_1066


IMG_1072


IMG_1080


人が写りこまないように配慮して撮った
作品の写真です。




IMG_1091


美術展を見終わり、美術館のカフェコーナーで
コーヒーを飲んで見上げると


IMG_1093


目に入ったのがこちら。
窓や枠が額縁のようで、風景も一つの作品の
ようだと思いました。
木々も色づいております…
秋も深まっていますね!








今年は、本当に色々な事があり過ぎて
気がついたら既に11月という方が大半なのでは…


私の大好きな歌舞伎も顔見せ狂言の時期
となりました!
一年はなんと早いことか…
歌舞伎の世界では11月が1年のお芝居の始まりと
なっています。
11月の歌舞伎公演は、これからの1年
この歌舞伎役者さん達で公演していきますよという事で顔見せ狂言といいます。

以下が今月、11月の歌舞伎座の公演です。



IMG_1038


IMG_1037


まだ昼の部しか観ていないので、今月襲名を
むかえられる梅丸さんのお話を詳しく出来ないの
ですが…

今月の昼の部「髪結新三」は
今まで数えきれないくらい観劇しましたが…
今月演じていられる尾上菊五郎さんの
髪結新三が大好きです!
菊五郎さんが新三を演じていらっしゃると
安心して、見ていられます。




IMG_1048


新橋演舞場で上演されているオグリも
拝見しました。

市川猿之助さんと中村隼人さんが交互に
オグリを演じております。
私は猿之助さん演じるオグリを拝見しました。
大画面映像、水を使う演出、観客も参加の演出
などなど…

歌舞伎も新しい趣向をどんどん取り入れております。
新たな試みよってより多くの人達に歌舞伎の魅力を
知ってもらえますように…






↑このページのトップヘ