いつも終了間際になって慌てて行く美術展(笑)
なので、ブログにアップした時は 
終わってしまっている事が多くて…
すいません。
今回も終了ギリギリ(笑)


IMG_0051


こちら上野の西洋美術館で開催されている
松方コレクション展。

 実は西洋美術館、そして松方コレクションは
私と同じ歳。今年開館60周年。
その記念行事として松方コレクション展が
開催されました。





IMG_0060




IMG_0058


IMG_0066


西洋美術館の外になぜロダンの作品が
沢山飾られているのか…?

日本に本格的な美術館を作ろうと尽力していた
松方氏をサポートしたのがロダン美術館の館長
レオンス•ベネディット。それ故、沢山の
ロダンが並んでいるのだと納得。

松方氏は当初、膨大な作品を買い求めました。
でも売却、戦争、火災、フランス政府の作品摂取で
その数はかなり少なくなってしまいました。
それでも素晴らしい沢山の作品を見る事が
出来るのは松方幸次郎氏のおかげです。




IMG_0093



そしてこちらは東京国立博物館で開催されている
三国志展。

高校時代、世界史の時間は殆ど夢の世界に…(笑)
特に中国史の知識が欠如しております。

三国志は勿論あまりにも有名。
でも知識が乏しい。
それでも、いざ入館(笑)

三国志は、男性を惹きつけるのかいつも以上に
男の方が多いような…
秀でた武将が沢山存在したからでしょうか…?
私でも曹操、関羽、張飛の名前は知っております。

魏、蜀、呉の三国。
同じ時代に存在していたけれど
異なる文化を持っていたのが面白い…
そして三国の駆け引き、有名な戦闘。

これは結構ハマるかも…
三国志侮れません。
中国史学びなおしてみる価値ありです。








タピオカミルクティーがブームになって
久しいですが…
これほど人気になるとは…
ちょっと驚きでもあります。


IMG_0069

さて先日
タピオカドリンクの次に何がくるのかという
テレビ番組を見たのですが
いくつかの候補の中に
バナナジュースがありました。

テレビで紹介されていたバナナジュースのお店は
なんと見た事があります。
こちらが紹介されていたお店、sonna  banana
(そんなバナナ)。

でも、いつも素通りしておりました。
バナナジュースではかなり有名なお店のようです。




IMG_0073


今回は素通りせず(笑)
私も飲んでみました。
賞味期限は20分。
新鮮さが売りということですね。

うーむ、なかなかのお味。
良質なバナナが使われているからですね。
バナナの味が濃厚でボリュームもあります。
暑い日だったので冷たいジュースが喉越し良く
一気に飲んでしまいました。

同じ系列のお店が沖縄と都内では
八丁堀店、広尾店、吉祥寺店、南砂店があります。
私が行ったのは八丁堀店。

テレビの放送でたくさんの人が訪れるようになり
早めに売り切れてしまう事もあるようです。




IMG_0074


お店の入り口です。
こじんまりとしていますが
お店を訪れた有名人も多いらしく
写真も何枚か飾られていました。



IMG_0076

バナナのほかにドラゴンフルーツも
あるのですね。
こちらもとてもそそられます。
どんなお味でしょうか?
次回は是非こちらを飲んでみます!

さてさてバナナジュースはブームになるでしょうか…








IMG_9973


ラグビーワールドカップが
日本で開催されるのを記念して
丸の内の中通りにくまモンが設置されている
お話しは以前もしましたが…


何と、丸ビル前に
丸の内ラグビー神社なるものが出現。

何を祈願致しましょうか?
勿論、
日本チームの活躍ですよね!




IMG_9978


そしてその近くには大きなラグビーボールも
あります。
オフィシャルスポンサーの三菱地所グループが
ラグビーワールドカップを盛り上げるのに
一役かっています。


IMG_9975


神社の横にはチコちゃんも登場。
丸の内には、たくさんのラグビー応援オブジェが
並んでおりますが、やはり一番人気は
チコちゃん!




IMG_0085


一番人気のチコちゃんと一緒に
はいポーズ!


IMG_0086


チコちゃんの横にはラグビーボールを持った
栃ノ心剛史さん。




IMG_0019


日本ラグビー界を代表する選手
リーチ•マイケルさんも走っております。


IMG_0018


なぜか、ラグビーボールを頭にのせた忍者も
おります!
忍者もラグビーをするのですね〜(笑)



IMG_0017


最後はやはりくまモンに登場してもらいました。
私もボールを持って走りましょうか…


今週前哨戦が埼玉県の熊谷で行われます。
ラグビーワールドカップで、日本チームが
どんな試合を繰り広げるのか…
歴史的なゴールはあるのか…
自国大会ゆえ、日本選手の盛り上がりが
いつも以上であるのは確かです。

選手にたくさんの声援を!
今からワクワク、ドキドキです。





↑このページのトップヘ