IMG_5582

御招待頂いて、東京湾のベイクルーズに
行って参りました!
日の出桟橋から乗船。
15年以上も前に乗船して以来のクルーズです。
景色はどのように変化しているのでしょうか…



IMG_5583


この船に乗って出発です。


IMG_5584

まず乗船して目に入ったのが建設中のこの建物。
なんと2020年に開催される東京オリンピックの
選手村です。


IMG_5587


沢山の建物の中に東京タワー🗼の姿が見えます。
東京タワーが隠れてしまうほどに
東京の街は高層の建物であふれております。


IMG_5588


皆さまご存知のレインボーブリッジ。


IMG_5590


これまたご存知のフジテレビ。



IMG_5586


サービスされたお食事は、
タイタニックで出されたお食事を模したもので
面白い趣向でした。


IMG_5593

メニューです!


IMG_5462


これはオードブル
シェフが再現して下さったタイタニックのお食事
全てしっかり頂きました😊
貴重な体験です!



IMG_5585



お正月ということで、ここでも
お獅子と大黒様の歓迎を受けました。

連休の最後の日、お天気にも恵まれ
素敵なクルーズを体験できました。







IMG_5441



昨年から今年にかけて、凄く見たいと思っていた
映画は3つ。
今話題のクイーンのボヘミアンラプソディ
ファンタッスティックビーストと黒い魔法使いの誕生
そして日々是好日。 

味わいが全く異なる映画3本。

昨日、日々是好日を見て無事3本鑑賞が完了(笑)

最後まで観客をぐいっと引き込んだ
最初の二本の映画とは全く味わいの異なる
日々是好日。

3本とも見て良かったと思える素敵な映画でした。
そして今回は日々是好日のおはなし。




IMG_5439
(映画館に貼られていたお写真)


昨年お亡くなりになった樹木希林さんの
最後の公開映画。
だからこそ、観たいと思われた方が
沢山いらっしゃったのでは…
希林さんが語られるせりふのひとつひとつが
心に響き、希林さんの生き様と重なり
忘れられない作品となりました。


茶道の先生を演じる希林さんの
「意味なんてわからなくても良い、お茶は形を作っておいて、その入れ物に後から心を入れるのよ」
「頭で覚えたものは忘れやすいけれど、身体で
覚えたものは忘れないのよ」
というせりふは、ストンと心に落ちてきました。

希林さんは本当に素晴らしい女優さんであると
同時にあらゆる面で魅力的な方。
稀有な存在の方がまた1人旅立たれ
残念でなりません。
心からご冥福をお祈り致します。




IMG_5438
(プログラムから)

映画では、二十四節気と共に
日本の四季の移ろいも描き
茶道とは切り離せないお道具、お花、お菓子
そして掛け軸が沢山紹介されます。

映画に出てきた掛け軸の一つ。
掬水月在手(みずをすくえばつきてにあり)
水面に浮かぶ月はただ一つ。けれど、その水を
手ですくってみれば掌中の水面にも月がある…






IMG_5444
(プログラムから)

お茶のお菓子もどれも頂きたくなるのは
毎度の事ですが…
映画に登場したお菓子で私が一番そそられたのが
この落とし文。
初夏に筒状に巻いた葉に虫が卵を産み付けて
地上に落とすのですが、
それが恋文を相手に気づくように
落として拾わせた昔の落とし文に
似ていることからこの菓名が付いたとか…




IMG_5446
(プログラムから)

希林さんが映画の主役が、黒木華さんだったので
日々是好日の出演を決めたとのこと。
希林さんが認めていらっしゃた
実力、魅力あふれる女優、黒木さん。

ところで、黒木さんも、そして希林さんも、
お茶は全くなさった事がない。
多部さんも小学生の頃に少しなさっただけ。
皆さまこの映画の為に茶道を習い
撮影に臨まれたとのこと。
うーむ、映画の希林さんのただずまいは
まさに茶道の先生。
女優さんは凄い✨



















IMG_5376



毎度の事でございますが、お正月の歌舞伎座に
行って参りました。



IMG_5357

お正月のしつらえがいっぱいの歌舞伎座。


IMG_5358


さすが立派なお飾りです。


IMG_5373




IMG_5369

劇場の至るところにお正月のお飾りが…


IMG_5368


いつもはお芝居中心の歌舞伎観劇なのですが…
1月は特別です。
お正月のお飾りが沢山の劇場の雰囲気も楽しみます。

1月は歌舞伎ファンは大忙しです(笑)
歌舞伎座、新橋演舞場、浅草そして国立劇場
沢山の劇場で歌舞伎公演があります!
お正月は歌舞伎ざんまいです!

今月は歌舞伎のおはなしが多くなると思いますが
宜しくお付き合いくださいませ🙇‍♂️


↑このページのトップヘ